心と体の相談処 土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

補腎(ほじん)の話

いま、ふと頭に浮かびました。

先日の京都で行われた「第10回日本中医薬研究会」での話の続きで、私の頭の中にも今でも印象に残っていることの紹介です。

補腎(ほじん)」です。

懇親会が終わった後に、有志による二次会も開かれました。

各部屋のテーマ別に分かれまして親睦を深めました。

私が参加したのは、中医師の先生がいまして(10人以上いましたから壮観でした)、司会進行は私の師匠の猪越恭也先生でした。

「いかに家庭の主婦に中医学の知識で初期医療をやってもらうか?」という内容で、それぞれの先生方の考え方、発想法が面白く、ためになることが多かったです。

中医学」や「家庭医療」でも「柱」になることは、「補腎(ほじん)」です。

猪越(いこし)先生や一人の中医師の先生は、それぞれ「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)を20年以上毎日飲んでいます」ということでした。

私も店に帰ったら毎日杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)を服用しようと思ってしまいました。

やはり漢方の先生たちだけあって、それぞれ容姿も外見も若いです。

生きる「アンチエイジング」です。

お肌の色艶や髪の毛がフサフサで黒い状態を見ていますと、「髪は腎の華」という「中医学の鉄則」の言葉にうなずいてしまいます。

要するに、「髪の毛がフサフサで白髪になっていない」ことは、「若さがあって、腎年齢も若い」「足腰もしっかりとしていて、目も耳もしっかりしている」「精力もさほど衰えていない」ことにつながっていきます。

「腎(じん)」は、両親からの「精」を溜めていくところですから、「老化の概念」は、「腎の精」が減っていくことにほかなりません。

「腎の精」がしっかりとしていれば、体は若々しく、気合も十分なのですが、老化や日頃の睡眠、食事などの養生が悪いと、実際の年齢よりも老けてしまいます。

「腎年齢」が歳をいってしまうことになります。

「腎年齢」の老化を防止するには、「補腎(ほじん)」という方法がベストです。

代表的なものには冒頭の杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)や私がお勧めすることが多い参茸補血丸(さんじょうほけつがん)があります。

そのような訳で、多少アルコールの酔いでボーっとしながらも、自分の目で若々しい中医師や猪越先生を見ていると、「自分も補腎しなきゃ」という気持ちになりました。

中国や韓国では、「補腎(ほじん)」の概念は一般的だそうで、かなり身近なんだそうです。

「40歳を過ぎたら補腎」ということで、六味丸(ろくみがん)を始めとする補腎薬(ほじんやく)が人気があるそうです。

日本でも「補腎(ほじん)」の概念が一般的になってくるといいですね。

渡島に稲穂が実る金色の越後平野

<2006年9月18日 越後平野上空 佐渡島に稲穂が実る金色の越後平野

山形市上空 霞城セントラルビルを見る

山形市上空 霞城セントラルビルを見る>

稲穂が実る山形盆地

<稲穂が実る山形盆地>