親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

こころみ学園…魂のワイン

土屋薬局メールマガジン第56号「編集後記:こころみ学園…魂のワイン」より、

転載します。

たまたま今朝にメールマガジンのバックナンバーを見ていて、

画像を入れようと思い立ちました。

今号は、2007年1月5日号の新年号でした。

Imgp0076061224

<2006年12月24日撮影 栃木県足利市こころみ学園 「ぶどう畑丘陵見上げ」>

  // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●● 5.編集後記 「こころみ学園…魂のワイン」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、縁がありまして、

太田市足利市を訪れるようになっています。

太田市では、50号や17号の道路を走っていると、

関東の車の多さ、運転の荒さを感じ、^_^;

また巨大な「大和級」のイオンを見ていると、

関東の人口の多さ、購買力の大きさを感じます。

本当に私は「東北の田舎者」だということが

初めて実感しました。

(東京に7年半暮らしていましたが、

東京に居るときよりも、ショックでしたねえ)

さて、そんな中、先日は足利市の「こころみ学園」ココ・ファームに行ってきました。

地図も案内板も貧弱な、まさに道を迷いそうなところにあります。

住宅街を抜けて、およそ「商売をしていない」手書きの

小さな道看板があるだけで、どこでも見かけるような

商業規模の案内板はありません。

さて、ここかな?と不安になりながらも、

こころみ学園」ココ・ファームに着きました。

山を切り開いたところに、ぶどう畑がありました。

スキー場を眺めることはよくありますが、

私にとりまして、ぶどう畑を下から仰ぎ見ることは初めての体験です。

こころみ学園」は、自閉症など、

およそ社会に不適合とされた方たちが、

学び、共同生活をしているところです。

今は、ぶどうの季節も終わり、

「しいたけ」を栽培しています。

「しいたけ」を四角い盆の上に載せて、

下の方の斜面からココ・ファームのお店があるところまで、

7~8人で運んで来て私とすれ違った「こころみ」の人たちは、

みんな私に向かって「こんにちわ~」と少々不自由な声で、

一生懸命挨拶してくれます。

私は、みなさまが一生懸命働かれている姿にとても感銘を受けまして、

「労働とは尊い」ものであると改めて認識しました。

ココ・ファームでの食事は、とてもおいしく、

スパーリング・ワインなどもおいしかったです。

帰りに、ココ・ファームではお土産に、

ぶどうジュースやワインなどを買ってきましたが、

とてもおいしくて、まろやかな「本物の味」でした。

あのソムリエで有名な田崎さんも、

絶賛したらしいです。

我が家に帰ってきた日には、NHK交響楽団

モーツアルトのレクイエムを見ながら、

ワインを堪能しました。

とてもおいしかったです。

私はこれから、ワインを飲むならば、

理念に共感しましたので、

「ココ・ファームのワイン」を飲んでいきたいです。

「ココ・ファーム党」です。

本も販売していましたので、

2冊購入してきました。

こころみ学園」の園長である川田昇先生の著書…

「ぶどう畑の笑顔─こころみの実践が自閉症の子供をかえた」

「山の学園はワイナリー」

です。

そのうち、「ブドウ畑の笑顔」は、一昨日に半分くらいを読んだのですが、

川田先生の障害児教育にかける情熱や自分の人生、

自閉症の子供たちの「ぶどう畑で作業することにより、成長していく姿」など

が書かれていまして、私は心が熱くなりました。

1冊読破したら、感想文とココ・ファームのぶどう畑の写真を、

ココログに載せる予定です。

魂が共鳴しあうような、素晴らしい実践教育の場が、

足利の人にもあまり知られていない山にあった。

今年の最大の発見かもしれません。

このワイン1本は、「魂のワイン」なのです。

編集長 土屋幸太郎

Imgp0065061224

Imgp0066061224

Imgp0071061224

Imgp0069061224

Imgp0070061224

Imgp0080061224

Imgp0084061224

私は、この切り立ったぶどう畑の丘陵を眺めていると、

胸に熱い感動を覚えます。