親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

不妊症の漢方相談。PCOS。3kg減量漢方ダイエット→人工授精1回で妊娠!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

最近、どうしたのでしょうか、私の「鄙びホームページ」に「産後のダイエット」などの、まるで「女性誌の王道ダイエット特集」のようなご相談が連日寄せられています。

ビックリです。

「産後に体重が増えて元に戻りません」というご相談が多いです。

漢方的には、まず舌診(ぜっしん)で舌ベロを見て、体質を判断して、

肥満の原因が たとえば

1)気虚(ききょ)→元気不足で栄養がからだにどんどん溜まって、老廃物となる。風邪ひきやすいなど。

2)気滞(きたい)→ストレスが多くて、ついつい食べてしまう。PMSなど。

3)淤血(おけつ)→血液がドロドロで血行不良で太りやすい、生理痛など。

4)血虚(けっきょ)→気虚(ききょ)と似ていますが、新陳代謝が悪い感じで、生理不順。産後など。

5)痰湿(たんしつ)→日本漢方風にいえば「水毒」のこと。舌にコケが溜まって、浮腫み易い。

などなどさまざまな原因が考えられます。

ダイエットの漢方相談の一例の紹介でお別れです。

舌ベロチェックでの体質別漢方相談です。

舌の色は、痰(たん)です。

苔は、奥に白い苔が目立ちます。

気虚痰湿(ききょたんしつ)の証だと思います。

舌の形が、わりとキャシャな感じですが、それで舌の色が少し薄めなのは、「気虚(ききょ)」なのです。

気虚」とは、体の元気不足でして、朝に疲れやすかったり、風邪を引きやすかったり、肌が弱い、疲れやすい、だるい、息切れ、ちょっと動くと疲れやすい、胃腸が弱い、胃もたれ、胸焼け、軟便または便秘など、さまざまな症状があります。

浮腫み易い、太りやすいことも、気虚の症状です。

舌の苔が白くて厚めなのは、体に痰湿(たんしつ)という老廃物が溜まっているからです。

もし三爽茶(さんそうちゃ)に併用するのでしたら、

補気利水(ほきりすい)の体に元気がついて、浮腫みが取れやすい、漢方薬がよろしいかと思います。

その漢方薬は、元気がついて、ダイエットにも効果的です。

ということで、「東洋医学的」「中医学的」アプローチのダイエット方法の紹介でございました。

華やかなホームページや首都圏のかっこいいお店など、ダイエット相談が多そうですが、当店の鄙びホームページでもけっこう多い相談ですので、やはり皆様が気になっていることなのですね。

そういえば、余談ですが、350キロの遠方から来店されたお客様夫妻がいました。

奥様は、PCOS(多嚢胞性卵巣)でして、なかなか排卵しづらいとのことでした。

話を伺いますと、勤務先が親友のお父さん、お母さんが経営している会社です。

毎日、午後3時には「3時のおやつ」でケーキがよりどりみどりです。

(ああ、羨ましい)

しかも、病院にも行き放題、都合が悪ければ会社は無理して来なくてよいという、理解のある会社でした。

が、しかし「好事魔多し」で、肥満気味でPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)でしたので、「ダイエット」が必須のご相談でした。

結局、初回の漢方相談は、「不妊」というよりも「ダイエット相談」になりまして、対策は、「3時のおやつ禁止令」となりました(笑)。

その後、お客様もがんばって、ボクサーのような「ダイエットスーツ」を購入して、毎日犬の散歩をしたそうです。

3キログラム減量→人工授精1回目でご懐妊。

ということで、3~4ヶ月くらいの漢方の服用と、ご本人様の生活習慣、食事の習慣、運動習慣の改善により、良い結果となりました。