土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

田植え

不妊学会の後に、山梨県清里で友人家族と一緒に連れたって、

「田植え」という貴重な体験をしましたので、ここに紹介します。

Imgp5866080601

<途中、中央道SAから眺めた富士山>

Imgp5873080601

「米どころ山形県」に住んでいるのに、もうすぐ大台の歳になろうとしているのに、

この歳で初めて田植えの体験をすることになりました。

しかも山形県で田植えをするのではなくて、山梨県ですから、

同じ「山」が付く共通項はあるとは言え、自分の行動範囲にも感心してしまいます。(笑)

Imgp5876080601

この日は、天候が悪く、台風も近づいているという情報だったのに、

さすが、友人のお子様が「晴れ男」だけあって、カラッと晴天となりました。

まさに絶好の「田植え日和」です!

苗は、3本くらいを指で掴みます。

私の理解するところによると、まるで麻雀をするときのように、

「ツモ!」と牌を雀卓に打ち付けるように、

田んぼにきちんと深く苗を植えます。

阿佐田徹也か桜井章一かといったところですが、

はい、今から田植えをしますよ。

Imgp5885080601

ラインを引くように、両端を棒にひもをくくり付けて、

参加者全員が横一列に並び、15cm間隔で苗を植えていきます。

けっこう楽しくなってくるのですが、昔の機械が無い時代には、

家族総出、子どもも総出の大労働であったことでしょう。

「さなぶり」で湯治に行きたくなってしまいます。

東北には「さなぶり荘」なとどいった、田植えから来る名前の温泉宿があるくらいです。

岩手県台温泉にあります)

Imgp5890080601

田んぼの残り半分は、トラクターを使いました。

機械は凄いです。

あっという間に、しかも手植えよりもきれいに等間隔で、

田をならしながら植えられていきます。

不妊学会やカウンセラー養成講座などで、「着床」とか「着床障害」と

いった言葉をよく耳にしますが、まさに日本の伝統文化、農耕文化に基づく

医療専門用語だと肌身を通して実感しました。

お日様が照って、田んぼには充分な水があって、

苗も良い苗で、田んぼを地ならしして、そして苗をきちんと深く植える。

機能性不妊で原因不明で着床障害かもしれません。

などとよく相談を受けたり、お話を聞きますが、

実際のところ、漢方的にたとえると、

「田んぼ(子宮内膜)」「苗(精子)」に置き換えれば、

普段からの「健康な体づくり」「基礎体力づくり」「若さづくり」は

個人の妊孕性のアップに役立つのでは?と思いました。

肌身を通して実感することができました。

PS:清里のこしひかりのおにぎり、美味しかったです!

Imgp5893080601_2