土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。不妊、不育でお悩みのかたぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。一緒に頑張りましょう!

虎のぬいぐるみ2

おはようございます。

土屋です。

山形は昨日、一昨日と今年一番の豪雪になりました。

土曜日の2月6日は、もの凄い豪雪でどうなるものかと思いましたが、

今は晴れ間が射してほっとしているところです。

さて先日、2月5日(金)に土屋薬局メールマガジンを発行しました。

メールマガジンの編集長コラムより。

先日の「虎のぬいぐるみ」の続きの話です。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  5.編集後記 「虎のぬいぐるみ2」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号で「虎のぬいぐるみ」の話を書かせて頂きました。

その後、あまりの好評に驚き、イスクラ産業さんに電話して

すぐに追加で最後残っていた8個の虎のぬいぐるみを引き受けました。

昭和49年生まれの方の「寅年」の漢方相談は続き、

今年は縁起物のぬいぐるみをもらっていて良かったなあと思いました。

話を聞ききますと、

○ぐずぐずしていると年をとってしまうので、早めに2人目が欲しいので

病院にすぐ行く前に漢方で体作りをしておきたい。

○そろそろ年なので、子供を授かりたいです。

と寅年の方のご相談のニーズを聞くことが出来ました。

先日の寅年のお客様が来店されたときに

その話をしましたら、「私の相談から寅年の方が続いているのね」と

感慨深さそうでした。

ちょうどめでたくご懐妊されまして、腰痛が続いているとのことですから、

流産予防、安胎の漢方として、補腎(ほじん)の漢方を追加でお勧めさせて頂きました。

流産対策の漢方の方針としては、

1)不正出血対策

2)腰痛対策

の2つに的を絞るとうまくいくことが多いです。

さて、虎のぬいぐるみの1個は、漢方相談コーナーにも

飾らせて頂きました。

私の後ろで鎮座して虚空を見つめるような、

いえ未来に向けて視野を広げているような、

とにかく眼力が抜群な虎のぬいぐるみです。

編集長 土屋幸太郎

Imgp4715

<2010年2月8日 虎のぬいぐるみ>

2010年2月8日追記 (虎のぬいぐるみ3)

2月6日の雪降る大雪の日の午前中、天気が悪い中、

寅年のお客様が来店されました。

腰痛対策の漢方を服用したら、わずか2日間できれいに痛みがとれて、土曜日の検診でも赤ちゃんは無事に育っていたそうです。

「念願の母子手帖をもらってきました」

私もその効果に驚き、今後とも「流産防止」「安胎の漢方薬」として、ほかのお客様のピンチのときや予防のためにもお勧めしていきたいと思いました。

Imgp4712_2

<2010年2月8日 我が家の庭>

Imgp4714

<2010年2月8日 土屋薬局駐車場、雪が物凄いことに…>