土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

妊娠力アップの漢方講座 「気(き)」…流産予防にも

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

最近、私は「気(き)」を重視して漢方相談をするようになってきましたが、ご懐妊されるお客様も増えてきて、手ごたえを感じています。

オレンジページ6月号で陳先生が書かれた妊娠力アップの漢方講座 「気(き)」の巻きはとても参考になります。

では軽くご紹介しましょう!

「妊娠力アップの漢方講座」

元気の源であり、生命活動を支える「気」。気の働きが良いと、卵巣の働きも活発になり、妊娠力もアップします。

妊娠力を左右する「気」のヒミツをひもといていきましょう。

「気」とは「体力・気力・精力のもとになり、生命活動を支えるエネルギーのこと」

○体と心を元気にする

○子宮や卵巣の働きを高める

○血液や栄養を体のすみずみに運ぶ

○体を温める

○体を外敵から守る

気の働きがいいと…女性ホルモンの分泌がよくなる…いい卵が育つ…排卵・着床がスムーズに…精子が元気になる→妊娠力アップ →○妊娠後も胎児の発育が順調に…流産しにくい

妊娠力と「気」の関係…卵巣機能を高めて、いい卵をつくり、スムーズな排卵、着床をサポートします。

「気」は、体と心を元気に保つだけではなく、子宮や卵巣などの臓器の働き高める、血液や栄養を体のすみずみまで運ぶ、体を温めるなどの様々な働きをしています。

この「気」が十分にあり、体のすみずみまで巡っていると、卵巣機能が高まり、いい卵が育ち、排卵、着床もスムーズに。妊娠中の不正出血や流産の心配も少なくなります。

精巣の働きも高めるので、精子の質や運動率もアップ。

男性にとってもこの「気」はとても重要な意味を持っているのです。

また、この「気」とホルモンバランスを整え体を妊娠しやすい環境にする「血(けつ)」は、とても密接な関係にあります。

「血」をつくり、体内に巡らせるためにも「気」の存在が不可欠なのです。

そのために妊娠力を高めるには、「気」を補い、巡りを良くする漢方薬や養生法(生活習慣の改善)のアプローチが大切になります。

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土日祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651