土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

不妊症子宝漢方相談。FSHが50以上。FSH一けた台になって!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形県東根市神町の土屋薬局では日頃から不妊症の子宝の漢方相談が数多く寄せられています。

多くのお客さまに喜んでいただいています。

病院での不妊治療がうまくいかないことで西洋医学一辺倒から東洋医学不妊症への漢方パワーを期待されるお客さまが増えてきました。

今週の妊娠報告です。

最近は猛暑の影響もあって夏場の漢方は「夏バテ防止」「疲労回復」をテーマとしてあれこれいじらない、つまり細かく周期ごとに漢方薬の服用を使い分ける事などせずに、シンプル一直線の「補気(ほき)」を補血(ほけつ)に併用していく方法を選ぶことが多かったです。

夏の疲れの解消→補気

汗かき、のどの渇き、ほてり、熱感→補気と補陰(ほいん)

のような感じでした。

この方法は、女性の方の高温期のほてりやホルモン剤や誘発剤の影響によるほてり対策にも兼ねていて、結果的に補腎陰(ほじんいん)のような働きにもなりました。

そのせいか、そのシンプルな処方を中心に組み立てていたお客様たちは立て続けに妊娠され、私自身も「おお~」という感じで開眼しました。

嬉しかったのは私と同い年の40代の女性のかたが自然妊娠されたり、クロミッドを1年以上服用していて結果が出なかったお客様が妊娠されたことで感激しました。

その勢いをかってFSHが50以上あるお客様にも「補気補気補気(ほき、ほき、ほき)」大作戦(トリプル補気というかもしれません)をしたら、なんと一ケタ台になってお医者さんもビックリしていて、違うかたのカルテを見ていたのでは?と思ったそうです。

ということで最近は調子が良いお客様が多い話でした。

今日来店のお客様も「お肌がつるつるになって、朝のだるさが15日で解消しました」と言っていましたので、いい感じです。

白山神社

<2010年8月29日 白山神社

珈琲舎

神社前の珈琲舎は、パスタやパフェが美味しかったです。