子宝漢方で不妊解決!妊娠出産|土屋薬局ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。ぜひ未来のあなたの環境を劇的にかえてみませんか?真剣に相談対応します。相談無料、秘密厳守です。安心してご相談下さい。来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表で

イスクラ婦宝当帰膠武漢での勉強2

イスクラ婦宝当帰膠武漢での勉強の続きの話です。

Dscf0615

中国での婦宝当帰膠の応用のことです。

貧血改善作用とか補気のこと、子宮や卵巣への作用と寒がり、冷え性に対する防寒作用のことなどが挙げられています。

Dscf0616

Dscf0617

術後の体調不良や肝臓疾患への対策などの応用が述べられています。

Dscf0619

Dscf0619_2

生理不順に良かったとか、腰痛など中国での臨床応用について述べられています。

お通じにも良かったり、血(けつ)は心(しん)を養いますのでメンタルにも良いようです。

Dscf0626

Dscf0627

中国、武漢では男性にも婦宝当帰膠は応用されて良い効き目を挙げているようです。