土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

酒さ、赤鼻の漢方相談

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は小中で一緒だった友人が処方箋を持って来店してくれて、また3年ぶりのお客様も嬉しかったです。

お子様は赤ちゃんだった男の子がすっかり大きくなって間もなく3歳とのことで、感慨無量でした。

一番最初は無排卵、生理不順の漢方相談で、婦宝当帰膠シベリア霊芝(チャガ)、爽月宝、参茸補血丸、炒麦芽など周期療法をお勧めしていました。

これからの漢方相談も前回の処方を活かしつつ、周期的に服用していくことにしました。

お子様のママたち、つまりママ友の仲間でも「土屋薬局に行っている」という会話があったそうで、嬉しいやら恥ずかしいやらでしたが、とにかく久しぶりに来店して頂いて良かったです。

さて本日の話題は、赤鼻の相談です。

当店から一番最初に瀉火利湿顆粒をお勧めしていて、数か月お飲みになっています。

もう少し効き目を上げたいとのことで、知り合いの先生に知恵を授けてもらいました。

<赤鼻の状態のことについて、昨日の7日に知り合いの中医師の先生にもお聞きしておきました>

赤鼻の状態は、鼻が荒くてデコボコしていないか?

その場合には、酒さである可能性が高いです。

中医学的、漢方的には、湿熱(しつねつ)とか風熱(ふうねつ)、熱毒などが原因となります。

痒みがあるかどうか、ニキビがあったり、痒みがあるかも大事です。

漢方では、瀉火利湿顆粒は継続の服用は体質改善にお勧めです。

ほかになかなか症状が変わらないときには、五行草、五涼華、星火温胆湯などもお勧めです。

もし下痢したり、胃腸も弱かったりがあれば脾虚もありますから、胃腸を大事にすることも検討します。

酒、タバコ、脂っぽいものなどは湿熱を助長しますので控えていきます。

ごはんにヨクイニンを入れて一緒に炊いてもいいです。

利湿作用があり、肌を良くします。

ヨクイニンのお茶でもいいそうです。

Imgp1023110127

<2011年1月27日 東根市神町大日尊の風景・雪景色>