土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

卵管留水腫の方の漢方相談

こんにちは。

本日3回目の更新です。

卵管留水腫の方お二人とも報告がありまして結果が良いのでご報告させて頂きます。

一人のかたは原因不明の骨盤腹膜炎で2週間入院して卵管留水腫があると言われていたかた、今年の2月からの漢方相談だったのですが今現在は経過がとても良いそうで、病院にもあまり通院しなくても良い。と言われたそうです。

またもう一人の方は両卵管の詰まりで過去にクラミジアが陽性だったのですが、そして卵管留水腫もあり、今年の2月にご相談にきた時点で体外受精を3回しているけど結果がでないというご相談でした。

クラミジア、卵管留水腫の対策をしながら採卵のときも漢方でバックアップ、そして今はめでたく順調にご懐妊されていてすでに一般の婦人科に転院されているそうです。

いまは過剰な免疫を抑えながら安胎法をお続けになられて喜ばれています。