ブログ版土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。痛みしびれ、耳鳴り、胃腸が弱いなどもちょっとしたことでも気になることはご相談ぜひお寄せ下さい。ご予約のうえご来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表のフォームをご利用下さい。

クラミジアの漢方対策について 「おりものが多い、におい、痒みがある」

こんにちは。

雨が降って晴れ上がった山形です。

今日は「体外受精での妊娠、ご懐妊のご報告」と、妊娠後「引き続き順調」の漢方相談など、嬉しいお話が多い感じです。

PCOS(多嚢胞性卵巣)の方などもしっかりと漢方でサポートするとかなり体調も良くなって、胚盤胞までいってに心身、ご懐妊でしたから、「最近、すごく体調が良かったです」というお客様の感想など、以前も新庄市の方が「妊娠する数か月前からすごく体調が良かった」とおっしゃっていたことを思い出しました。

さてクラミジア感染症への中医学、漢方的対策を今まで勉強していたのですが、ものすごく真剣なクラミジア感染症」の漢方相談が入りましたので、ようびん先生にもお聞きしておきました。

クラミジア感染症が陰性にならないと腹腔鏡もでいないし、体外受精もうまくいかないとのことで、中医学、漢方の知恵を拝借したい。とのことです。)

いろいろな先生方の考え方を知っておくと私の相談の幅も広がります。

クラミジア感染症」の漢方対策について

「おりものが多い、におい、痒みがある」

このことをチェックすること。

クラミジアが陽性の場合には、上記の自覚症状が多くなります。

「膀胱炎になりやすかどうか」もお聞きします。

通常は何らかの不快感があるはず。

おりもの、痒み、小水のときに痛い。

○もし、おりものが多い、痒みがあれば肝胆湿熱→湿をとって火を消す漢方薬、五行草

○40代前後になればおりものがあまりないのであれば、陰虚火旺のタイプ。

湿熱を解消する補腎薬+五行草

おりものが多い、痒みが強ければ一番最初の相談どおり。

おりものが少ない、不快感→湿熱を解消する補腎薬+五行草

中国では苦参、蛇床子などで外用として洗うこともいい治療法としてあります。

新潟県弥彦山頂からの眺め 遠くに佐渡島

<2012年4月29日 新潟県弥彦山頂からの眺め 遠くに佐渡島