不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

子宮筋腫と子宮内膜症がある方が漢方10日間服用しましたら、それだけで数年ぶりに生理痛が軽減になって驚きました!

おばんでございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の土曜日の漢方相談朝から今の夕方5時半までお客様が途切れることなく、ずっと幸せなことに漢方相談を担当させて頂いていました。

昨日の金曜日からなのですが、多嚢胞性卵巣のお客様が3人連続で続いたこと。

多嚢胞性卵巣(PCOまたはPCOS)の場合には、一人一人年齢や体質、生理のことが違いますので、それぞれしっかりと対応させて頂きました。

いま、ほんとに多嚢胞性卵巣のお客様が多いのですね。

補腎化痰、活血などバランスをみて、排卵障害を改善して自力でスムーズに排卵できることを目指していきます。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)2009~漢方」のコラムなども参考になりましたら、幸いです。

次に多いと思ったのは子宮内膜症、チョコレートのう腫の漢方相談でした。

内膜症の漢方相談、今日はお客様の漢方服用後の体調が良くて一人のかたは生理痛も楽になって周期も25日から28日が続いていて嬉しいという方。

また子宮筋腫子宮内膜症がある方が漢方10日間服用しましたら、それだけで数年ぶりに激しい生理痛が軽減になって驚きました! 経血量もいつもより減ったし、レバー状の血塊がぐんと無くなりました! という嬉しいご報告もございました。

最近は「月経周期が短い方の漢方相談」「子宮内膜症、チョコレートのう腫の漢方相談」「子宮腺筋症の漢方相談」「多嚢胞性卵巣の漢方相談」「カンジダ膣炎」「ニキビの漢方相談」など、いろいろな中医師の先生から教わったことを総合してやっていますので、お客様に喜んで頂くことが多くなりました。(それに当店の場合には、山形の寒い地域にありますから「痛み」「しびれ」の漢方相談も加わります)

生理前にニキビがでますか?とか、生理中に下痢、軟便になるのですね。

などと上手に今後とも周期ごとに応対して漢方相談していきたいです。

(生理前のニキビは「熱毒」としてあまり体を温めすぎないことがコツで、ニキビがあるかたは普通の周期療法などの従来の漢方が向かない可能性があることと、生理中の下痢は気血(きけつ)の不足が多いのでお腹を温めるようにしていくことなどがコツです)

なお明日から二日間、熱海でイスクラ高円寺研修塾の同窓会に参加してきまして、師匠の先生方にも挨拶してきて漢方の仲間の先生方と交流してきます。

よりパワーアップして刺激も大いに受けていきたいです。

火曜日の12日から、再び店頭で元気に働いていますので、みなさま今後ともどうぞよろしくお願い致します。