土屋薬局ブログ|子宝と痛み

不妊の子宝相談、痛みしびれ、耳鳴り、不眠など土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。相談料は無料です。相談は男性薬剤師の幸太郎と妻の幸の2人です。相談予約もしくは電話相談は、山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

不妊症でFSHが高い人に漢方対策

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は3月6日土曜日です。

昨日の5日金曜日には無事に土屋薬局メールマガジンも発行しましてホッとしました。

今後とも皆様に役立てるような中医学、漢方ライフの提案をしていきたいです。

さて、

何先生に漢方医学を教えて頂いたこと第二弾です。

<FSHが高い人にはどのように漢方で対処されていますか?>

「閉経の人には補腎薬。とくに補精・補陽薬をお勧めしたいです。

たとえば

低温期に美肌油。2週間 2カプセル×3回

高温期に補陽薬2週間

美肌油は卵巣の老化を防げる。

お肌が変わる。

卵巣を潤します。

卵巣も若くなるし、お肌も綺麗になる。

オイルだから細胞膜を通って卵子に栄養を与える。

補陽薬は黄体ホルモンのような働き。

夏至冬至に採れる漢方薬』も使えます。

美肌油+『夏至冬至に採れる漢方薬』 満量でも大丈夫」

<40代の女性のかた 脾腎両虚証>

脾腎両虚 参馬補腎丸+二至丹

下痢があるような場合には二至丹を減らす、3粒×3回

参馬補腎丸は6、6、6など。

陰陽が減っていることの調節に。

生理の調節にもいい。冷えもある、虚熱もある。

生理のある女性には必ず二至丹を使う。落ち着いてくる。

全周期、婦宝当帰膠もOK

顔色がすごく良くないときには補中丸。

汗かきの場合には全身の汗か上半身の汗かを問う。

上半身の汗、ほてり、のぼせ。参馬補腎丸+二至丹、落ち着いたら婦宝当帰膠

もし全身の汗だとしたら「玄関が空いていれば風がスースー入ったり泥棒が入ったりするから玄関に立てる屏風の漢方薬

夏は脈が生じる漢方薬とか、

汗の場所を問います。

<生理前後の下痢や便秘の漢方>

生理前の下痢、生理中の便秘に。

生理前の下痢→参馬補腎

生理中の便秘には麻子仁丸、やや潤す

生理前の便秘は温める。桂皮、大黄、アロエ、センナなど

生理前のPMSには逍遥丸を使うとみんな楽になる。

この時期は肝血虚(かんけっきょ)

<チョコレートのう胞の漢方>

チョコレートのう胞→低温期に必ずチャ○+爽やかなお月様の漢方

高温期は補陽

子宮内膜症は免疫と関係している。

爽やかなお月様の漢方→下腹部だけを温める

フランスの○の樹皮エキスは、骨盤、下腹部の血流循環を良くする。

冷え性、BBTが低い人

チョコレートのう胞には、チャ○と爽やかなお月様の漢方がいい

<子宮腺筋症の漢方>

子宮腺筋症には必ず「夏至冬至に採れる漢方」を使う。

出血量が多い→陰血虚→血熱→さらに出血→悪循環

血虚を解消する→陰血を補って熱を採る→血熱が解消→生理が落ち着く

<40代の皮膚病>

ストレス、仕事の忙しさ、睡眠不足、寝るのが遅い

睡眠が浅い、食事の後に漢方のむ

木→土 相克

逍遥丸 6、6、6、

健胃顆粒 半包、半包、半包

消化器の働きもあまりよくない

ベロが赤い→加味逍遥散

最初は、瀉火利湿顆粒+逍遥丸でもよい

寝る時間が遅い人は逍遥丸は朝に8丸、その後は6丸

+五行草、または温胆湯

23時過ぎに寝る人→沖縄→朝に逍遥丸で肝血虚を治す

東京の人も朝に逍遥丸8丸を服用、夜に帰脾湯、天王補心丹など

<呼吸系の漢方の話題>

タンが黄色い…涼解楽+5つの花の生薬

タンが薄い…小青竜湯+頂調顆粒

清肺湯=潤肺糖漿→秋の乾燥、空咳

牡丹皮は涼血作用→生理中には量を半分にする、気をつける。生理が止まらなくなる。

秋になると潤肺糖漿、麦味参顆粒と一緒に服用も

半夏厚朴湯。

半夏は湿をとる、厚朴は胃の気の流れを良くする。

痰湿がお腹に溜ると吐き気、のどが詰まった感じ=半夏厚朴湯

麻黄附子細辛湯…お年寄り、冷え性で手足が冷たい、透明な鼻水がいっぱいでる

細辛は歯の痛みにも

我が家の庭 フキノトウ

<2013年4月4日 我が家の庭 フキノトウ

我が家の庭 フキノトウ