土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

産後の坐骨神経痛、ヘルニアが漢方で和らぎました!

おはようございます。

山形県東根市はお盆を過ぎてから酷暑が続いていましたが、今日の雰囲気は残暑のようです。

暑さが落ち着いてきました。

さて、今日は痛み、しびれの良くなったお話です。

Mさま

○平成22年7月16日 産後の坐骨神経痛、ヘルニアの漢方相談

初めての漢方相談。

椎間板ヘルニア5番目。

今年の3月から右のおしりに激痛でした。

5月にご出産。

そして出産後に右足全部がしびれるようになりました。

婦人科からボルタレンが処方されています。

ペインクリニックでは神経ブロック。

食欲あります。

妊娠前から便秘と下痢を繰り返しています。

土屋薬局からは2種類の漢方薬をお勧め。

1)産後の肥立ちを良くする漢方

2)足腰の痛み、しびれを軽減する漢方

<産後の坐骨神経痛、ヘルニアが漢方体験後です>

○平成22年8月17日 産後の坐骨神経痛、ヘルニアの漢方相談

産後の坐骨神経痛、ヘルニアの痛みやしびれが軽くなりました。

助かっているそうです。

<先生から一言>

出産で大量の血液を消耗したりしますので、産後は血虚(けっきょ)の状態であると中医学では認識しています。

産後→血虚

血(けつ)の不足ですから、足のしびれも血の栄養、潤いが行き届かなくてしびれが生じていると考えることが自然です。

もう一つは「腎は腰の府」と言われるように、足腰の症状は腎虚(じんきょ)も絡んでいます。

椎間板ヘルニア腎虚で「腎は骨をつかさどる」ことも弱くなっています。

気血不足、腎虚の2つの本証にお盆後の夏の残暑が厳しいときですから風湿の邪気もあります。

風寒湿(この場合は寒邪は寝冷えだったりクーラーだったり)の邪気を追い払いつつ、血行を改善すれば辛い症状が軽減していきます。

産後のリウマチ、坐骨神経痛などでお困りのかたは土屋薬局まで漢方相談をぜひお寄せください。

店頭で心よりお待ち申し上げます。

(写真は2010年8月12日撮影です。山形市蔵王です。芙蓉の花も綺麗です)

ということで簡単ですが、最近の土屋薬局での坐骨神経痛の漢方相談の実績を紹介させて頂きました。

坐骨神経痛の漢方‥痛み、しびれを楽にしよう!

漢方薬で坐骨神経痛治りますか?

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

本家のサイトは「土屋薬局 中国漢方通信」です。

山形市 蔵王眺め

<2010年8月12日 山形市 蔵王眺め>

稲は青々と育っています。

稲は青々と育っています。