親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

山形も連日35℃を超えて妻の実家で枝豆採り、蔵王の眺め

暑中お見舞い申し上げます。

ここ山形も連日35℃を超えるような猛暑日が続いております。

秋田の竿灯祭り、仙台の七夕祭り、そして花笠まつりや天童祭り、ひがしね祭り、大石田の花火大会、尾花沢祭りなどこれから8月はお祭りの季節到来で賑やかな季節です。

夏の暑い季節には、汗をかいたり食欲不振になったりしますので体調管理には要注意です。

<暑い所で働くので、体調を崩しやすい汗かきのB君>

B君の場合…B君は、仕事場が屋外のことが多いので 汗をよくかきます。

B君のように 長時間高温環境で働く人は、汗をよくかくので 脱水症状になりやすいです。

またB君のように暑い所で働いていなくても、虚弱体質タイプやお年寄りの方は 夏場は十分に注意して下さい。

先月号の 「夏を乗り切る血液サラサラ健康法」で紹介しましたように、汗をかくと 血管が詰まりやすくなります。

適度な水分補給を 心がけることがポイントです。

B君は 以前に無理がたたって、熱中症になってしまったことがあります。

熱中症とは 高い気温にさらされたことによる、様々な身体の異常のことです。

日射病も熱中症の一つです。

中国漢方の知恵―熱中症対策法

中国漢方では 汗をかきすぎると、からだの潤いと供に からだの元気が失われると考えています。

からだの潤いと元気が失われた状態は、からだの細胞もカラカラに乾いています。

乾いた身体に 潤いと元気を与える方法を、中国漢方では 益気養陰法(えっきよういんほう)といって 生脈散(しょうみゃくさん)を用います。

日本では 生脈散(しょうみゃくさん)は、麦味参(ばくみさん)顆粒の名前で輸入されています。

麦味参顆粒は、乾いた からだに潤いと元気を与えます。

生脈散と名前にあるように 脈を生じる働きがあるので、汗をかく夏場の健康管理―血管の詰まりを 予防することができます。

ふだん高血圧や、心臓に持病を持っていて 夏場の血管の詰まりが心配という方は、麦味参顆粒に 冠元顆粒(かんげんかりゅう)を併用すればよいでしょう。

また中国では 健康食品として人気があるのは、西洋人参(せいようにんじん)です。

西洋人参は、麦味参顆粒と同じように、からだに潤いと元気を与えます。

ただし西洋人参は単味ですので、健康維持に用いるのがよいでしょう。

西洋人参は神経を沈静化させ、疲れた身体ののぼせを取ります。

ですから、疲れやすく、精神的なストレスがたまっている方の健康食品としてお勧めです。

<2014年8月3日 山形市で>

山形市から眺める田んぼと蔵王です。

山形市から眺める田んぼと蔵王です。

蔵王の緑がとても綺麗です。

田んぼも稲の花が咲いていました!

妻と一緒に畑仕事をしました。

妻と一緒に畑仕事をしました。

私は枝豆採りです。

ツイッターでつぶやいていましたら遠く中国のフォロワーまで、海外まで枝豆採りの様子が伝わったようです。

さて、作業作業

見かけによらず腕力、指の力を使う仕事で器用がいります。

枝豆が高いのは人件費がかかるからだそうです。

確かに豆を採ることは機械化できませんから。

枝豆

田んぼでコメを作り、その隣で畑で大豆など豆を栽培することは植物タンパクを摂取することになります。

この営みが私たち日本人、アジアの人たちの食生活を支えてきたと思うと、私も参加できて感無量でした。

昔、何かの本でそのことを知っていたのですが、実際に自分も体験できて嬉しかったです。

枝豆

夕食に枝豆ゆでました

夕食は畑から採れたての枝豆が並びました。

買ってきたものとは味が全然違います。

茹でて新潟の美味しい塩をかけて美味しく頂戴しました。