ブログ版土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。痛みしびれ、耳鳴り、胃腸が弱いなどもちょっとしたことでも気になることはご相談ぜひお寄せ下さい。ご予約のうえご来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表のフォームをご利用下さい。

ご出産の嬉しいメールを頂きました⭐️

平成27年6月1日

 

「こんばんは。

ご報告が遅くなりましたが、5/4に3252gの元気な女の子を出産しました。

妊娠中も、◯◯◯◯◯を飲んでいました。娘の健康への贈り物になったかな。

いろいろとアドバイス、励ましいただいたこと感謝しています。

 

明日は一ヶ月健診です。」

 

お客様、Hさまより嬉しいメールを頂戴しました。

 

[E:#x1F352]

 

一番最初の頃の漢方相談は、平成25年5月からでした。

 

ほんとに長くお付き合いさせて頂きました。

 

昭和51年のお生まれですから、もう40歳前後のお歳のはずです。

 

 

 

 

[E:#x1F352]

 

 

Hさまの漢方相談は、「卵子が育ちにくい、排卵しにくい、排卵痛が重い、下腹部痛、寝汗、クロミッドとかデュファストンも処方されたことがあります。」

 

 

という内容から始まりました。

 

 

今回は凍結胚盤法移植をしました。

 

グレードは4aaでした。

 

です。

 

 

漢方薬はこの方法でやればわりと結果が出やすく、妊娠もキープできて、産後も元気でいること。

 

そしてお子様も健康であるようにといろいろ考慮させて頂きました。

 

健康な体の娘さまは家族の宝物ですし、将来はきっと綺麗な花嫁さんになって子宝にも恵まれやすいです。

 

つまり妊娠するための漢方薬はグレードの高い卵に。

 

そして妊娠中の漢方薬の服用は、将来の孫の代まで続く意義あることでした。

 

 

「かわいいフォトフレームありがとうございます。

 

一昨日、一ヶ月検診で体重増加がいまひとつだったので要指導になってしまいました(。-_-。)

今日、母乳のことを近所の助産院に相談したところでした。

 

子育てもいろいろ悩みは尽きませんが頑張ります。

 

ブログに紹介、していただいて構いませんのでよろしくお願いします。」

 

Image

 

地元の若木山からの夕焼を描きました。

 

Hさまご一家におかれましては、末長いお幸せを心より願っています。

 

私達も人生で大切な部分をお付き合いさせて頂きまして光栄です。