土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

遺残卵胞の漢方スレッドを作りました。

今日は、抗核抗体という習慣流産の漢方対策のスレッドを作りました。

抗核抗体の漢方対策のスレッド

そしてその後、午後一のお客様が体外受精で最近、遺残卵胞を繰り返していました。

いままで確かに水蛭製剤やチャガ(シベリア霊芝)などで対策をとっていたのですが、それでもスッキリといかないことが多かったですので、漢方の対策を活血と化痰に見直して、よりチャガの量を増やしてみて、そして養血調経のシロップから漢方処方変更で血府逐淤顆粒も追加してバランスをとりました。

そうしたところ、顕著にホルモン値、FSH、E2、LHともに改善して卵胞も順調に今回は育っていて、遺残卵胞も消えて採卵周期になるようです。

そして基礎体温が高めで採卵周期ですからゆっくりとしているのでなくて「一夜漬け」に近い状態ですからパワーのあるもの

+今までの漢方に亀鹿仙という亀ちゃん漢方を追加で紹介。

ということで、このココログ版を楽しみに読んでいる読者のみなさまにわかりやすいように「遺残卵胞の漢方対策」としてスレッドを作りました。

どうぞよろしくお願い致します。

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。

毎年50名以上の方が妊娠、出産されています!

ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  

サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町の土屋薬局