土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

お父さんとお母さんの自慢は、娘様の髪の毛がふさふさのこと

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

台風19号の前です。

嵐の前でしょうか、昨日は暖かい陽気で風は強いものの穏やかな一日でした。

今日は、いよいよ曇りになってきて緊張しますね。

みなさま、どうぞご無事でお過ごしになってください。

 

さて今日は三連休前の金曜日だからかお客様の出足がよくて漢方相談が続いています。

赤ちゃん連れの若いカップルのお客様が山形市からありました。

娘様は6ヶ月だそうです。

急に寒きなってきたので長袖の洋服で全身を寒くないようにしたと可愛らしい格好でした。子供服のポケットはなんと可愛らしいのでしょうか。

お父さんとお母さんの自慢は、娘様の髪の毛がふさふさのことです。

昔から土屋薬局のキャッチフレーズも「赤ちゃん髪の毛ふさふさ」です。

 

ナニコレ珍百景とい番組でも「うちの赤ちゃんの髪の毛がすごい!」と視聴者のかたの応募があったくらいです。

赤ちゃんの髪の毛がふさふさなのは、「腎気じんき」が旺盛のことを指します。

お父さん、お母さんから「精」をたくさんもらってきたので、髪の毛は「精」の象徴なのでふさふさになるのですね。

つまり将来的にも発育発達が楽しみで期待できます。

またきっとそのお子様は卵巣力もすごいでしょうから、孫の代まで続く最高の子供へのプレゼントになります。

 

だからよく妊娠されたらすぐに漢方を服用するのをやめちゃうお客様たくさんいるので、いつも「もったいない」と思います。

妊娠中の適切な漢方は流産早産の防止ととなるともに、赤ちゃんを丈夫にして、そして次にはそのお母さんが第二子をつくるための産後の健康状態にもいいです。

今日のお客様は出産後からまた漢方を再開はじめました。

産後の髪の毛の脱毛、抜け毛の予防にも役立ちますので、ふだんから血(けつ)をチャージして体調を整えて、体力を上げてそして第二子ができるような生理の状態にもっていきましょう!

(お客様ご夫妻は排卵障害で漢方を服用されて妊娠出産されています!排卵障害、多嚢胞性卵巣症候群 PCOSは漢方が強い分野ですのでおこまりのかたは土屋薬局までご相談くださいね)