心と体の相談処 土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

妊娠中のにきびの漢方について(多嚢胞性卵巣症候群)

こんにちは、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は12月29日土曜日、年末年始休暇で帰省の方も多いと思います。

さて最近、漢方について中医師の先生にいろいろとお話を聞いているのでログしています。

最初の漢方相談は平成29年12月5日でした。

「不妊症   多胞性卵巣症候群
3ヶ月前に産婦人科で多胞性卵巣症候群だと診断されました。
社会人2年目の時に顔中にニキビが出き、また生理も半年来なかったことがあり、その時から多胞性卵巣症候群になっていたんではないかと思います。
仕事が忙しくなると、生理不順になります。
冷え性だと思います。
肩こり、たまに頭痛があります。
食欲はあります。食事量も普通だと思います。
夢はあまり良くない夢をよく見ます。
ドライアイです。
社会人になってから生理不順です。2ヶ月に1回の時もよくあります。
今年結婚をしたので、妊娠を希望しているのですが、多胞性卵巣症候群と診断された為、子供を産めるかとても不安です。
自然妊娠を希望しているので、なんとか漢方で少しでも症状が改善すればと思い、ご連絡させて頂きました。
よろしくお願い致します。」

 

そして今回は妊娠出産の嬉しいお知らせを今月の12月24日にメールを頂戴しました。

「以前、不妊改善の為にお世話になっておりました。

あれから、不妊専門病院で子宮に病気が見つかり、手術をした後、自然妊娠は難しいと言われていましたが、漢方のおかげもあり無事に自然妊娠致しました。

本当にありがとうございました。

毎回ご丁寧にメールを下さり、本当に心強かったです!

現在、妊娠4ヶ月目なのですが、にきびが以前より酷く、毎日鏡を見るのも嫌な日々が続いています。

妊娠したことも影響あるのかもしれないですが、5年前からこんな感じで頬と顎に大量にニキビが発生しています。
そこでご相談なのですが、妊婦でも服用できるニキビ漢方薬はございますでしょうか?お手数をお掛け致しますが、ご教示の程宜しくお願い致します。」

 

妊娠中のにきびの漢方について

 

土屋からの回答

「自然妊娠されたとのことでおめでとうございます!
妊娠4ヶ月、今後とも順調にいっていただきたいです。

先程、伝説の中医師とよばれる先生に、にきびの話をしてお聞きしておきました。」

 

伝説の中医師の先生から

「妊娠おめでとうございます。
ホルモンバランスの影響ですね。
女性のかたは人前で美しくしたい。
もし通じが良いとして便秘がなければ、補陰がいい。
まず菊の花。
それに五つの花びらの生薬の漢方
食事はこんにゃくがいいです。1日1丁
にもの、みそしるにいれてもよい。」

 

「お湯での水分補給も大切です。
こまめに1時間に1回、180CCくらい飲めます。
午後3時ぐらいまで
午後5時以降は水分は控えめに」

「食事は唐揚げ、揚げ物は控えます。
山査子配合の消導薬がいいです。
消化を良くして腸を綺麗にしてお肌にも綺麗になります。
腸が綺麗だと肌が綺麗になります。
通じは1日2~3回でもいいです。
便には70~80%の水分があります。」
ということでした。

 

f:id:jdy00247:20181229161339j:plain

我が家の庭、積雪です。

2018年12月29日 我が家のお庭には雪がたんまり。 晴れました!

f:id:jdy00247:20181229161426j:plain

若木山、晴天!

さていよいよ年越しですね。

みなさま良い年をお迎えください。

年始は1月3日からです。