土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

不妊症で「子宝漢方」服用始めてすぐに基礎体温が安定し妊娠!

久しぶりに嬉しいお話を紹介させて頂きます。

「7月から土屋薬局さんで不妊症の漢方相談、周期療法でお世話になりました。

漢方の服用を始めてすぐに基礎体温が安定し、その月にすぐ妊娠しました!

今4か月です。このように早く妊娠すると思わなかったので驚いています。

ありがとうございました。

参茸補血丸はちょっと飲みずらかったですが、婦宝当帰膠は味が私のお気に入りでした。」

子宝相談でも、わりと早めに妊娠される人もいらっしゃいますので、今回紹介させて頂きました。

婦宝当帰膠と参茸補血丸もかなり良い組み合わせです。

むかーし、むかーし、今ほど「周期療法」のブームなどが無かった時代には、つまり私が駆け出しのころの不妊漢方の方法はこうでした。

1)婦宝当帰膠をしっかりと服用する。

2)婦宝当帰膠だけで駄目な場合には、参茸補血丸を併用していく。

3)婦宝当帰膠と参茸補血丸を続けていても、なかなか結果が出ないときには、「婦宝当帰膠+参茸補血丸」にプラセンタ(胎盤エキス)を。

という方法がありました。

必ずしも今の時代に沿った方法ではありませんが、ある意味効果が上がる方法でもあります。

婦宝当帰膠は養血調経で生理のリズムを整えて、参茸補血丸は「補腎(ほじん)」で生殖のリズムを整えますから両方を併用すると「柱」が確立する感じになります。

冒頭のかたは、黄体機能不全とのことで婦宝当帰膠と参茸補血丸をお勧めしているのですが、効き目が上がる場合には、やはりコメントにありましたように、「基礎体温がきれいになりました」「そうしましたら妊娠しました」という嬉しい感想になることが多いです。

(注:個人の体質に合う漢方の方法は全員一緒ではありませんので、子宝漢方相談をご希望の場合には、詳しくはお近くの日本中医薬研究会のお店または当店までご相談してください)

さて、お別れは村山市大淀の「真下慶治記念美術館」を昨日の昼休みに撮影した画像で締めたいと思います。

真下慶治記念美術館

村山市東根市の北に位置します。

ここは村山市大淀に造られた「真下慶治記念館」です。

氏は生前ここのすぐ近くにアトリエを構え、「大淀」の最上川の風景を好んで描きました。

館内からは最上川が眺められ、気持ちが穏やかになる建築となっています。

真下慶治記念美術館

真下慶治記念美術館

ステキでしょう。

1日ここでゆっくりして読書でもしていたらさぞ素晴らしいでしょうね。

ピアノもありますから、コンサートも出来るようです。

最上川、大淀の流れ

2016年7月15日 追記です。

漢方体験ドットコムに新しいコラムとして掲載されました!