土屋薬局公式ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎がログしていきます。健康に役立つ季節の食養生、薬膳、ツボ、心の持ち方など。漢方、中医学。妻との会話も好き。電話相談0237-47-0033。寒河江市、河北町谷地、長井市、村山市、新庄市、尾花沢市、天童市、山形市、上山市などの方はどうぞご来店くださいね!

女性のための漢方レッスン(8) ゲストトーク、第7回の後半の内容

女性のための漢方レッスンのシリーズ8話目です。

今回で最終回です。

長い間、お付き合いありがとうございました。

では、最終回の始まり、始まり。

ゲストトーク、第7回の後半の内容です。

女性のための漢方レッスン

(主催者の許可を得て撮影しております)

本橋先生(東京女子医大精神科医

中医学での心(しん)は、心臓と精神の両面がある。

ならば血液サラサラにする冠元顆粒を服用していけば、冠元顆粒狭心症などの循環器に効き目がある処方なので、心(しん)の両面である「精神」にも効き目があるのではないかと考えた。

そこで、今、私は冠元顆粒を使っての研究をしている。

具体的に言えば、認知症の人に冠元顆粒を飲んでもらい「どのような効き目がでるか?」を調査している。

認知症では、精神症状が重い場合には、西洋薬を使うが副作用も重い。

茨城の病院で50人の老人に冠元顆粒を服用してもらった。

○短期記憶障害に冠元顆粒が効いた。

(記憶には、短期と長期があり、たとえば幼い頃の思い出は「長期」で、

最近のことは「短期」になります)

○不安感、パニックにも効いた。

○イライラや暴力傾向にも冠元顆粒は効いた。

お年よりは、肝臓や腎臓などの薬を代謝する臓器が弱っていて、より副作用が出やすいが、冠元顆粒は副作用が無かったのが良かった。

今、博多の病院でラットに迷路の実験をしている。

具体的には、記憶を喪失させた「痴呆ラット」を迷路を走らせるのだが、冠元顆粒はラットにも効き目がある。

女性のための漢方レッスン

(主催者の許可を得て撮影しています)

本橋先生

女医として思うには、女性の悩みは3つある。

1)冷え性

2)便秘

3)肌荒れ

冷え性は、いろいろな病気の基礎的、ベースになってくる。

花粉症も、冷え性が原因だ。

夏でも体を冷房や冷たい飲み物などで冷やし、秋冬でもスカートを履いて、大事な下半身を冷やす女性が多い。

氷(コオリ)やアイスクリームは体を冷やす。

中国人は体を冷やさない。

夏でも白湯(ぬるま湯)やお茶を飲んでいる。

体やお腹を冷やさないという文化が根付いている。

(著者注:香港は、夏でもクーラーガンガンでミニスカートで体を冷やしまくりだそうです。

香港在住の方から、メールもらいました。香港は状況が違うようです)

生理中には、体を冷やすようなファッションはしない。

私自身は、中国で暮らしてみて嬉しかったことは、冷え性が治ったことである。(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

(著者注:本橋先生、満面の笑顔)

日本にいるときは冷え性だった私が、ファッションや冷たい飲食物を避けるなどの生活習慣を改めたら、手足の冷えもすっかりと治った。(*^_^*)

患者さんの手を握ると、「あ、先生は手が温かいですね」と誉められるのがまた嬉しい。

陳先生

ダイエットの話

楊貴妃(ようきひ)は太っていた。

魅力的な美人だった。

(「女性のための漢方レッスン(5)…楊貴妃の美容法」もご覧になってください)

太っていても、「健康的」であることが大切。

ただ体重を落としてもダメ。

体調を良くしながら、ダイエットをする。

三爽茶など効果的ですよ。(*^_^*)

(著者注:陳先生も笑顔)

本橋先生

月に一度、私は医師ですが漢方薬局でも相談しています。

薬局では、病院のように「はは~先生、お任せします」という医師と患者さんの関係ではなくて、お客さん自身がよく漢方や健康について勉強しているので「セルフケア」というか、相談していて楽しい。

陳先生

日本漢方と中医学の違い

簡単に言えば、中華料理の味の違い。

病院の漢方

→西洋医学的な使い方は、薬が漢方であっても理想的な効き目とはならない。

美香さん

漢方と出会ってから、モチベーションが上がった。

肌など体調不良が写真にでるので、健康を守る漢方は有難い。

ファンになりました。

以上で閉会となりました。

長いシリーズでしたが、ご精読ありがとうございました。

少しでも何か参考になりましたら、嬉しいです。

今後とも「ココログ版土屋薬局 中国漢方通信」を

よろしくお願い致します。

追記です。(05/10/25)

最近、お客様との漢方相談で「ふわふわしためまい」を訴える方が多いです。

ふと、その都度この「女性のための漢方レッスン」で中島たい子先生が喋られたことを思い出します。

「初めて漢方相談をしたときに、ふわふわしためまい、この言葉が普通の病院では通じなかったのに、漢方医はきちんと「はい、ふわふわしためまいね」とカルテに書き込んでくれたことがとっても嬉しかったです」

ということです。

中島先生には、すごく新鮮で驚きだったそうで、

この「ふわふわしためまい」の感覚も捕らえてくれる漢方が一気に好きになった、

と言われていました。(05/10/25追記)

六本木ヒルズには、当店でも流れているJ・WAVEがあり、その隣はテレビ朝日でした。

六本木ヒルズには、当店でも流れているJ・WAVEがあり、その隣はテレビ朝日でした。

東京の青空も実にきれいで、六本木は良いところでした。

東京の青空も実にきれいで、六本木は良いところでした。