土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

「二人目は一人目とは違う可愛さがあります」とお母様、もうメロメロのご様子

本日2回目の更新です。

午前中に来店されたお客さま、いままで人工授精や体外受精されていて、ここ最近はずっと体外受精の採卵など治療が続いていました。

前回はお子さま1人、いまは3歳で体外受精のときに、土屋薬局で子宝相談してめでたく授かっています。

第二子不妊の漢方相談になっています。

第一子の不妊のときに、イスクラ婦宝当帰膠冠元顆粒+逍遥丸で調子がよくて結果がでたので、先月9月25日にも漢方は婦宝当帰膠冠元顆粒の2つをお勧めしました。

今回は凍結卵はもうないとのことですから、採卵の一から始めます。

婦宝当帰膠冠元顆粒を服用したらどうなったかといいますと基礎体温表がかなり良くなりました。

低温期が36・5~36・6℃、高温期が37℃だったのが、漢方をリスタートした同時に排卵して高温期になっていまは生理待ちですが、基礎体温表は低温期が36・3℃まで下がって排卵期はすっときれいに上がって、高温期は36.8℃前後。

これは妊娠できる基礎体温表ですね。

本人様も基礎体温表がすっと変わったので、再度、私のことを信用してくれたようです。

めまいで五苓散とジアゼパムを服用していましたが、病院の先生に言って、五苓散を止めてもらって、婦宝当帰膠冠元顆粒をめまいの対策としても続けていくそうです。

(なんと物分りのよい先生なのでしょうか、驚きました)

子宮内膜が薄めなどもありますから、なお注意してお客さまの第二子妊娠の希望が叶うように相談していきます。

その後、第二子出産されたお客さまも来店して、「二人目は一人目とは違う可愛さがあります」とお母様、もうメロメロのご様子でした。

パキシルとか抗不安薬を服用されていましたから、メンタル面もカバーできて良かったです。

お客さまのお腹がぺったらでまさか流産したのかと心配しましたら、産後2ヶ月だそうです。

ホッとしました。

産後にビタエックス顆粒のプラセンタを服用して元気を出したいとのこと。

土屋薬局ではビタエックスのプラセンタ、胎盤製剤で妊娠出産された方がたくさんいますので、信者のお客さまも多いです。

あれは効きますね。

妊娠出産おめでとうございます!

妊娠出産おめでとうございます!

赤ちゃんありがとう

赤ちゃんありがとう