親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

カンジダ膣炎が漢方で改善しました。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

平成19年7月から根気良く漢方をお続けになっているお客様から、今月3月6日に嬉しいメールを頂きました。

多嚢胞性卵巣とカンジダ膣炎とのことで、漢方薬を2種類お勧めしています。

ご本人様の了解のもとに、メールの文章を掲載させて頂きます。

○平成20年3月6日

少しずつ気温があがり、春間近と思う日があれば、今日の夕方は冷たい風が吹き、冬に逆戻りのようでした。

私が土屋薬局さんで漢方薬を始めたのが、昨年の7月くらいと記憶しておりますが、半年と少し経ち、漢方薬の効果を感じています。

まず、一番困っていたカンジダ膣炎にかからなくなったこと。

その次が生理痛が軽くなったこと。

以前は痛みと吐き気がひどく、生理初日にひどい寒気と、嘔吐で寝込むこともありましたが、漢方を始めてからはそのようなことがなくなりました。

また、以前は生理痛以外でも仕事を休みがちでしたが体調が整ったのか、そういったこともなくなりました。

あと、今回の冬はまだ一度も風邪を引いておりません。

先日の排卵出血のことなどもあり、まだまだ自身の日常生活で改善していく余地はあると思いますが、引き続きよろしくお願い致します。

体調も良く、カンジダ膣炎や生理痛が軽くなって、また風邪など引かなくなったとのことで、私たちスタッフも嬉しく思っているところです。

また後日に、下記のようなメールも頂いています。

○3月7日

ココログ掲載のお話、ありがとうございます、是非載せてください。

特にカンジダに悩まされている人に、漢方という根本的な治療法(改善法)もあることを知って頂きたいです。

また、多嚢胞性卵巣という、よく分からない得体の知れないものを持つ身としては、漢方薬の存在が、どれだけ心強いかしれません。

今後ともよろしくお願い致します。

Imgp2398080321

<3月21日 我が家の庭 「福寿草」>

Imgp2400080321