土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)で排卵障害でしたが漢方で妊娠、出産できました。

久しぶりに顔馴染みのお客様ご夫妻が来店されました。

昨年の11月以来の来店ですから、かなり懐かしかったのですが、よくよく話を伺ってみましたら、2週間前にお子様を出産されたそうです。

ご相談の最後のほうには、たしかに卵巣手術をされてから、排卵誘発の注射をすると薬暦簿にメモがありましたので、うまく排卵してめでたくご出産になられたようです。

PCOS多嚢胞性卵巣症候群)の持病があって、なかなか排卵しなかっただけに、ご出産の報告と産後2週間にも関わらず遠方のところ来店して頂きまして感激でした。

多胎になってしまったので、連休中に入院と再度出産前の3ヶ月はNICUにずっと入院されていたこと。

退院したらすっかり夏が終わっていて、季節感が今年はまったくないこと。

入院していたら体重が20キロ痩せたこと。

ご主人様も、いろいろと見舞いや家事に頑張ったこと。

などなど、様々なエピソード聞かせて頂きまして、産後の疲労回復の漢方をお持ちになってお帰りになりました。

ご主人様の洋服センス(古着好き)や、奥様の明るいキャラなど、会話していて楽しいご夫妻でして、「最近来店されないな~どうしたのかなあ~」と思っていたら、妊娠→NICUに入院生活→ご出産! と忙しい毎日だったことを聞いて、なるほど!と納得した一日でした。

今後とも元気で子育てに頑張っていって頂きたいです。

ちなみにお子様たち、それぞれ髪の毛ふさふさだったそうです。

(お客様に「匿名でエピソードを書いてもいいですか?」と許可を頂いてコラムを作成しました)

Imgp7890090823

<2009年8月23日 群馬県嬬恋村