土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

「授かり婚」。二人目不妊で不妊症の子宝漢方で妊娠

今年の4月14日に初めての漢方相談でご来店のお客様、流産後の手術をしてからまだ生理が来ていない段階で、親戚から土屋薬局の紹介を受けて山形市からご来店されました。

最初のお子様が「授かり婚」だったので二人目不妊になって焦っている。

いざ、子供を作ろうとするとこんなに大変な思いをするとは。などと胸の内を語って頂きました。

半月ごとにご来店頂いていて、そして今日の6月13日の月曜日。

高温期が続いていて、普段とは違う感じ。

眠気もあって36・8度もずっとキープしているそうです。

流産後に1回での妊娠ですからちょっと不安な気持ちもあるし。

主人のほうは、自分が毛嫌いされて毎晩私が21時に寝ているのをみて「俺も妊娠したのが分かっていたよ」という夫婦間の会話があったそうです。

もしも違っていたら離婚危機だったかも。

いとこも妊娠したようだし、子宝の漢方薬はよく効いてびっくりでした!

というようなハッピーな2人目不妊の漢方体験のエピソードのご紹介でした。

今後とも順調にいって頂きたいです。