土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

○カウフマン療法と漢方の併用についてと○多嚢胞性卵巣症候群について…肥満と痩せの2つの体質で相談を分ける、ほかカウフマン療法と漢方併用について

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の夜は、仕事が終わった後に20時から22時までテレビ電話での中医婦人科・不妊症専門講座の勉強会がありました。

今年は私は「百合」のチームなのですが、8名の全国の漢方薬局の先生方のうちに実に3名が長崎の先生という「チーム長崎」の班で明るいメンバーが揃っています。

今年から2名の先生が発表することになり、私も今年初めての発表だったのですが、ご出産に至った成功例の漢方お話をさせて頂きました。

さて昨日に勉強したことの内容のまとめです。

40歳、身長153cm、57㎏、結婚7年目

PRLが高い、黄体機能不全、多嚢胞性卵巣

全身症状:寒がり、冷え性、尿が近い、疲れやすい、立ちくらみ、肥満、むくみ、便秘、寝汗、イライラ、乳房張って痛い、胸やけ、げっぷ、お腹が張る、肩こり、頭痛。

○おもな問題点

1)年齢40歳

2)なぜ自然妊娠できないの?PCO以外にも問題があるかも(男性側の問題とか)

3)OHSSなのに移植する

4)長期にわたってのホルモン剤の使用

参考意見

○カウフマン療法と漢方の併用について

養血活血…婦宝当帰膠冠元顆粒(ベース)

補腎…杞菊地黄丸、二至丹、海精宝など

補腎陰虚タイプ→杞菊地黄丸、二至丹(BBT高めの場合)

補腎…陽虚のタイプ→杞菊地黄丸+二至丹+海精宝(少し補陽が入っている) BBT低めの場合 この組み合わせは補陰と補陽に。

○今後のことについて

1)自然周期を回復させて様子を見る必要があるか

2)自然採卵も考えられる

3)自然な成功症で妊娠の可能性は0ではない

4)年齢的にも補腎を強めたほうがよい。

多嚢胞性卵巣症候群は、肥満型とやせ型に体質を分けて相談する

A)陽(気)虚、痰湿淤血(おもに脾腎) 肥満型…益気養血、化痰活血

婦宝当帰膠、帰脾湯、星火健脾散、参茸補血丸、星火温胆湯、チャガ、冠元顆粒、三爽茶、五衡丹など

B)陰(血)虚、肝鬱火旺(おもに心肝腎) やせ型…滋陰養血、清心柔肝

婦宝当帰膠、杞菊地黄丸、瀉火補腎丸、天王補心丹、加味逍遥散、芍薬甘草湯、蓮子心など

多嚢胞性卵巣のお客様は、日頃から相談が多いですから、今後とも良い結果、みなさまご懐妊を目指して相談業務に励んでいきたいです。

Imgp4859

<平成22年2月20日 十国峠 「雪ダルマ」>