土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

FSH30を越えていましたが漢方で自然に排卵するように!

こんにちは!

薬剤師、不妊カンセラーの土屋幸太郎です。

連日、雪降る毎日の山形です。

昨日は山形市の妻の実家に顔を出したのですが、だいぶ東根よりも降雪量が少なくて、同じ県内でも雪の降り方が違うんだなあと思いました。

(おじいちゃん、おばあちゃんも元気だったし、猫のまえちゃんも元気でした。)

道路も凍りつく毎日です。

もう少し冬と仲良く付き合っていこうと思います。

さて、先週の漢方相談会は、午後から急に忙しくなりました。

雪がたくさん降るあいにくの天気でしたが、酒田市宮城県・富谷町からのお客さまもいらっしゃいました。

「今日の漢方相談、体外受精でFSHが高くて排卵誘発もうまく効かなくて自然周期での治療になって結果が出なかったお客様、漢方服用してから自然に排卵してピタピタと生理が来るようになって、生理痛も片頭痛も治ったということで良かったなあと思いました。」 ツイッターより

FSH30を超えているお客様でした。

最近は「卵の質を上げたい」「生理周期が短いのでもうすこし28日を目指したい」「カンジダ膣炎」「不正出血が続きます」「耳鳴り」「腰痛」などさまざまな相談が寄せられています。

今後とも、今週も頑張って相談していきたいです。

薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎

もう少し詳しく。

「FSHが30を超えていて体外受精3回してもうまくいきませんでした。

治療を休んで漢方を服用していたい。」

が当初の相談でした。

11月が最初の漢方相談で、9月から生理が来ていないとのことでした。

しばらく、IVF、体外受精で治療をしていたので自分の自然な生理周期が分かりません。

体外受精は1回は胚移植ができましたが、あとの2回は卵が育ちませんでした。

排卵誘発剤の注射でも卵が育たなかったので、誘発剤の注射を止めて、完全自然周期で採卵していました。

という漢方相談です。

私は活血化痰、養血調経のときに劇的な結果をうむ方法をお勧めして、お客様の生理はきちんと来るようになりましたし、生理痛は無くなったし、生理前のイライラ、胸の張りもなかったし、不正出血もなかったし、片頭痛もなくなったとのことで嬉しい限りです。(^^)

若木山「おさいとう」

<2012年1月15日 若木山「おさいとう」>