不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

みんな美人、色白で肌がきめ細かい なかなか3人とも妊娠しなかった よく考えて、ひらめいた! 「陰が強すぎる、陽が足りない」

今年初めての何先生の土屋薬局への訪店が終わりました。

最初の時間は私、土屋幸太郎と何先生の漢方談義、妻が来てからは「黄帝内経素問」を何先生から教わっていまいた。

上海出身の本場の中医学を直に学べる妻は幸せだと思います。

ふかーい話をしていました。

世界は陰陽から成り立ち、人生も陰陽を軸に動いていきます。

さて、私が勉強したことを早速まとめていきます。

<何先生に学んだこと>

花粉症に小青竜湯、かえって喉が渇く

耳鼻科のトン先生が全中医師に講義しました。

☆独歩顆粒+鼻淵丸+麻杏止咳顆粒

この3つが花粉症にとてもよい組み合わせ

細辛、桂皮、生姜。とくに細辛は肺を温める。

肺を温める漢方薬はなかなかない。

細辛→肺、腎  桂皮→肺、腎  生姜→肺、脾胃

若い人のしゃっくり→開気丸

男性のかたで開気丸を服用したら、1回のんだだけですぐに止まった。

80代男性の急性骨髄白血病→夏は虫で冬は草の補腎薬+美肌油+花は白く葉は蛇のようなもの

補腎薬は骨に効く。

四分の一丸×4回

美肌油は細胞の修復に、抗酸化作用も

2カプセル×3回

花は白く葉は蛇のようなものは、ガン細胞を抑える 1日3包分3

1週間に1回輸血だった

2週間に1回の輸血ですんだ

3週間に1回の輸血によくなった

1か月に1回の輸血でよくなった

病院の先生もビックリ

赤血球、白血球もいい状態

今は輸血もいらない。

元気に過ごしています。

子宮筋腫には花は白く葉は蛇のようなもの

解毒する

上海の老中医、かならず使っていた

(白花蛇舌草)

何先生の3人のお客様

みんな美人、色白で肌がきめ細かい

なかなか3人とも妊娠しなかった

よく考えて、ひらめいた!

「陰が強すぎる、陽が足りない」

男性ホルモンが足りなかった、美肌油が効かない

卵胞期に→自分の体重の400倍のものを上げるもの 5粒×3回

黄体期→至宝三鞭丸、参馬補腎丸など男性を強化するような漢方薬

3人ともいい卵がとれて妊娠した。

路先生(中国国家級老中医の子弟)にその自分の体重の400倍のものを上げるものことを聞いてみた。

その黒い生き物は、補腎陽、つまり男性機能を上げる

陽の精、つまり腎精の陽の部分によい

亀板や阿膠は、腎精の陰に

PCOSは美肌油が。

Imgp73120227

<2014年2月27日 土屋薬局店内>