土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

北東北の第二の故郷は津軽、関東の第三の故郷は館山に

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今週の漢方相談会のお知らせです。

連休明けの今日はスタッフたちが小正月の飾りつけをしました。

山形の風習でだんご木です。

その模様は明日のココログで紹介していきたいです。

さて例年のこの成人式の日には今まで日本中医薬研究会の全国地区会長会議で缶詰になっていたのですが、今年は天佑があったせいか今週の週末に時期がずれました。

よって妻と一緒に旅行に行けました。

私 「どこがいい?」

妻 「東京と泊まりは温泉で暖かいところ!」

熟考のうえに千葉県館山市に決めました。

おいしい山形空港から羽田空港へ

<2016年1月10日>

おいしい山形空港から羽田空港

羽田空港から東京駅にモノレールと京浜東北線で移動して、JRバス 房総なのはな号でアクアラインを通り、安房塩見を目指しました。

そして目の前には海が広がっていました。

館山

<2016年1月11日>

こちらは翌日の帰りの写真です。

梅の花が咲いていたり、バス停の近くには女貞子(ネズミモチの実)があったり、お魚よし、温泉よしと非常に満足しました。

これから、北東北の第二の故郷は津軽、関東の第三の故郷は館山に決めました。

また再訪したいです。

海

つげ義春さんを意識した写真です。

つげさんの漫画で千葉の海の鄙びた宿に行く話があってひそかに房総には憧れていました。

海の音が静かになっています。

海

こちらは北フランスのノルマンディー地方モンサンミッシェルを意識した写真です。

このカーブといい、なんとなくモンサンミッシェルへの道の感じに似ていると思いました。

館山の温泉宿

館山の温泉宿

宿は、「はなれ」の部屋で自分の家に帰ってきた感じでくつろげました。

それでは、みなさま本年もどうぞよろしくお願い致します。