土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回…早発閉経、第二子不妊

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日も雪降で昨年と違って冬らしい風景になっている山形です。

もう今日で12月15日、あと2週間で年の瀬ですから早いものですね。

さてだいぶ時間が経過しましたが11月22日に行われた中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回の講義をまとめてみたいです。

今回は2つの中医不妊症の漢方検討会でした。

症例1)

主訴:早発閉経、採卵できない 30代の主婦の方

生理不順、初潮から年に1~2回程度。

ピルで生理を起こしている。

体外受精(ART)の治療>

「ジュリナでFSHが下がれば採卵できるかも」と婦人科の先生

ジュリナを服用しつつセロフェンの隔日投与

しかし反応がない状態でFSHが上昇してしまいプレマリン、ノアルテンでリセット

セロフェン3~4日に1錠、エストラーナテープ2日に1回2枚貼ります。

+ジュリナ6錠プラス

LHが高いのでアンタゴニストを注射

卵胞みえずリセット

セロフェンは4日に1錠ペースにするとFSHは上昇しませんでした。

小さい卵胞がみえましたが、途中で卵胞がみえなくなった。

ピルでFSHが下がるが、ピルを中止するとFSHが上がります。

今後、IVA(原始卵胞体外活性化法)ができる不妊クリニックへ転院しようかどうか迷っています。

IVAとは体外活性化( In vitro activation)のこと。

体外に取り出した卵巣組織にある操作を加え、卵巣内にある卵子(発育開始前の原始卵胞)を体外で成長開始させ自身の体内に戻す新技術、1978年の体外受精、1990年台代の顕微授精に次ぐ不妊治療の革命と期待される治療法です。

この場をまとめるテューターの康先生から、(私の師匠の中医師の先生の1人。年齢を重ねる度に若返ってくるというリアル中医学なレジェンドです)。

検査値について→E2は60くらい、FSHは1桁代、LHはFSHより低いことが望ましい。

排卵誘発の失敗したときにはアンタゴニストで抑える。

E2が200以上になると卵胞1個はふつうはあるが、卵胞がみえないときには失敗。

甲状腺の数値に関して TSH 不妊症でなければよいが、不妊のときには2・5以下が望ましい。

甲状腺機能低下症

一緒に討論会に参加した漢方薬局の先生方は北から南へ多数いらっしゃいましたが、いろいろと漢方アドバイスがありました。

1人の先生は「もっと胃腸のちからを考慮してみたらいかがですか?」という意見もあって、私もなるほど。と思いました。

引き続き担当の薬剤師の先生のところで漢方相談していきます。

症例検討その2) 30代 第二子希望

BMIが18・6

標準体重の86%

BMIは 90%以上はあったほうが望ましい。

体づくりも大切。

多発性子宮内膜ポリープ

→エイジングにより子宮の環境が悪くなりやすい。

子宮の老化、血行不良、子宮筋腫も増える。

月経周期 28~35日 →排卵に関係がある。

黄体機能不全→卵の力がない、排卵にも影響する。

基礎体温の低温期が高い→卵巣機能低下→高温期低い

生理周期が遅れる場合には、気血不足、腎陽不足

※夫婦関係を良くしてタイミングを増やすこと

土屋の意見→病院でクロミフェン、デュファストン、ゴナールエフ(HMG注射)など不妊治療をされていますので、もっと気楽に病院の治療に伴奏を奏でる程度の漢方の併用でもいいかもしれません。