土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

桃とリンゴとラフランス

DSC00105.JPG

午前中に、半年ぶりに来店されたお客様がいらっしゃいました。

いつも独歩顆粒をご購入されている この60代のお客様のお仕事は農家です。

今日、お話をお伺いすると 桃の収穫で今まで忙しかったそうです。

私は 桃の花が大好きです。

「桃の花も、リンゴのように花摘(かてき)するのですか?」とお聞きしました。

「うん、花はもいだほうが、桃の実が大きなりやすいんだよ」とのことでした。

(漢方コラム「桃源郷」と「桃の里(桃とサクランボ)」、「桃(夏の思い出)」も、お時間がありましたらご覧になってくださいね)

うーん、やはり果物の世界は深いです。

きれいで美しいこの世のものと思えない―桃の花までも収穫のためには摘まれてしまうのです。

さてこのお客様が桃のほかに栽培しているのは、ラフランスとリンゴだそうです。

先日台風15号、16号などど連続して凄いことになりましたので、「被害はなかったですか?」とお聞きしまた。

ラフランスなどが、けっこう落ちたんだよ」とのことでした。

ラフランスは実が大きいですので、しっかりと生っていないと強風で振り落とされるのだそうです。

リンゴは、しなりがいいので、台風などの災害には強いのだそうです。

あまりリンゴは台風では落ちないとのことでした。

しかし、落ちてしまったリンゴやラフランスは どうするかと言いますと、農協の共済保険から補償されるそうです。

落ちた果物たちを拾い集めて、コンテナに入れて数えてもらいます。

台風の風速により、チャートがあって(これはひょっとして、映画「ツイスター」でいう「フジタ・スケール」でしょうか??)」 それにより被害が認定されます。

私は、薬剤師でなかったら果樹農家でもいいかな?と甘ーい甘ーい考えをもっていまして、外でお日様の下で働く世界に憧れています。

農家の人の話に、耳を傾けることが多くなります。

収穫の秋の「農繁期」の山形からの話でした。

りんご畑と若木山

リンゴ畑と若木山