子宝漢方で不妊解決!妊娠出産|土屋薬局ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。ぜひ未来のあなたの環境を劇的にかえてみませんか?真剣に相談対応します。相談無料、秘密厳守です。安心してご相談下さい。来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表で

チョコレートのう腫の漢方相談。右4センチが3センチ。 左3.5センチが2.5センチに縮小!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

土屋薬局では、チョコレート嚢胞(嚢腫)の方の相談が時折寄せられます。

チョコレートのう腫の漢方相談が寄せられた時です。

「まずご自身の判断でチョコレートのう腫の経過観察を3~6ヶ月間とか期間を決めます。

何もしないで経過観察をするよりも、一度思い切って漢方薬を試してみたらいかがですか?」

このように回答するようにしています。

子宮内膜症で悩んでいる方も多く、とくに子宮内膜症の場合には、卵巣に影響を与えます。

チョコレート嚢胞の有無は悲喜こもごもだと思います。

先日、お客様のほうから報告がありました。

「先日、卵巣の検診に行ったところ、左右それぞれひとまわり小さくなっていました。

右4センチが3センチ。

左3.5センチが2.5センチになっていました!

今までの三ヶ月ごとの検診も一年に一度でいいということになりホッとしました。

これも先生の薦めて下さった漢方のおかげです。

本当にありがとうございました。

これからも油断せずに続けて行こうと思います。」

ということでして、漢方は効き目を再確認したところです。

(チョコレートのう腫対策の漢方薬を3ヶ月間の服用でした)

<土屋薬局の先生から一言>

チョコレート嚢腫は、生理の逃げ道がなくなって逆流したりして卵巣に血液が溜って固く大きくなっていく病気です。

中医学、つまり中国漢方ではおもに淤血(おけつ)と認識して活血化淤(かっけつかお)といって血行を改善していく方法などが繁用されています。

子宮内膜症、チョコレート嚢腫で悩まれているかたは、もう一つの中医学的なアプローチから一緒に検討しましょう!

岩木山

<2007年4月8日撮影 岩木山

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。

毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!

ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  

サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 

チョコレート嚢腫、子宮腺筋症、子宮内膜症の漢方薬

子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢腫の漢方

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬こちらも参考になりましたら、幸いです。