土屋薬局のブログ|親切第一。ご相談お寄せ下さい。

こんにちは!痛み、しびれに強い土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談、痛みしびれ、耳鳴りなどお気軽にご相談お寄せ下さい。子孫繁栄と健康長寿!

耳管開放症の漢方薬。漢方で耳鳴り、耳閉感が軽減

当店の漢方薬のお客様のSさまが、漢方で耳管開放症が良くなられました。

掲載許可を頂きましたので、紹介させて頂きます。

お陰様であれから耳の方、耳管開放症も再発せずに、漢方薬も少しずつ減らしております。

耳鳴り等は何年か前からですが多いのは確かですが、なるべく気にしないようにしています。(気になってストレスたまらないように・・・)

実は、左耳は小さい音ですが、鳴りっぱなしなんです。(3年くらい前から)

本当に、耳鳴りや耳の閉塞感は不快なものです。

つらい思いをしてる人は多いと思いますので、ぜひ土屋薬局さんのブログで私の体験談を紹介してください。

2007年11月24日

最初の漢方薬のご相談は、2007年11月4日のときでした。

1週間前から耳鳴りが続いている。

聴力は問題なく、ザーッという耳鳴り。

静かなところで気になります。

耳鼻科に通院しています。

食欲あります。

胃もたれ、胸やけをするときもあります。

お通じやお小水は問題ありません。

足先が冷えます。

季節の変わりにふわふわとしためまいもあります。

当店からは、耳鳴りに効き目のある漢方薬をお勧めさせて頂きました。

そして、その1週間後に、Sさまから、

「横になると耳鳴り、閉塞感が楽になるということで、耳管開放症」ではないかと思っています。

その症状にも合う漢方薬がインターネットで調べたらありそうなので、そちらも合わせて服用してみたい。」

とのことで、都合2種類の漢方を服用することになりました。

その後のSさまのコメントです。

「耳管開放症と診断されてから、一週間がたちました。

耳管開放症は改善が難しいということですが、私の場合飲んだ次の日から楽になりました。

少しずつ軽減し、今ではほとんど耳の不快感がありません。

耳をすましてみますと、多少は残っているようですが問題ありません。

きっと土屋薬局さんの漢方薬が良く合っていたのだと感謝しております。

ありがとうございました。」

耳管開放症の漢方相談は、今回初めてでしたが、症状が良くなられたとのことで、本当に良かったと思っています。

 「雪原に1本の柿木」 東根市観音寺 石崎山付近

<2007年12月21日撮影 「雪原に1本の柿木」 東根市観音寺 石崎山付近>

柿の木のズーム、雪原