ブログ版土屋薬局 中国漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの10年間の不妊体験を活かしてお客様の相談にあたっています。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、ぜひご相談ください。また育児の悩み、痛みしびれ、耳鳴りなども。ご予約のうえご来店または電話相談0237470033またはツイッターのDMまたは漢方相談表、子宝相談表のフォームをご利用下さい。

多嚢胞性卵巣症候群。体外受精で卵の育ち、卵胞発育不良の漢方相談

今日の漢方相談は、多嚢胞性卵巣症候群のお客様と体外受精において卵の育ちに不安があるお客様の漢方相談などしました。

どちらも「排卵しにくい」ことが共通ですが、体質により、また疾患別にもお勧めする漢方処方は変わってきます。

多嚢胞の場合には、淤血(おけつ)や痰湿(たんしつ)などの邪気があることが多いですので、(舌ベロを見ると分りやすいです)、低温期などを重点的に服用していきます。

体外受精でロング法やショート法などで思うように卵胞の育ちがいまひとつのときには、体質で漢方処方も変わってきますが、養血補腎活血(ようけつほじんかけっつ)法などが有効です。

どちらのお客様もうまくいってもらいたいです。

<土屋薬局への漢方相談の方法は>

お電話やメールでご予約お願いします。

平日も漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。

遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから