はてな版土屋薬局 中国漢方通信

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

口渇と動悸の漢方相談

72歳の男性の方です。

口渇がここ数年気になっているそうです。

循環器科不整脈を訴えたが検査では正常だったので「気にしすぎです」と言われています。

漢方では動悸の漢方を処方されているとのことでした。

食欲はありますが、便秘がちです。

肩こり、入眠剤で夜に寝ています。

人口股関節を入れていて足腰が弱い感じです。

動悸に関しましては、検査しても異常がなかったが動悸がつらいそうです。

体が重く感じます。

舌ベロチェックをしてもらったとこ、「舌が赤くて苔が少なくて亀裂があります」とのことでした。

土屋薬局からは、百潤露(ひゃくじゅんろ)という漢方と麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)の2つをお勧めしました。

私も一緒に服用しましたが、飲みやすい味でお肌や体も潤う感じで、口渇に強い味方!という感じでした。

百潤露はや麦味参顆粒は、体の「肺」や「胃」などの陰(いん)を補っていきますし、麦味参顆粒は中国での原点名は『生脈散(しょうみゃくさん』と言われているくらいですので、中国では動悸対策などにも応用されているので、それぞれお選びした理由をお話しさせて頂き漢方相談が終わりました。

口渇の症状がぜひ軽減していって頂きたいと切に願っております。

Imgp0958110124

<2011年1月24日 啓翁桜咲いてます。可憐です>

土屋薬局では季節に合わせて、壁面の絵柄を替えています。

いまは冬バージョン。

今年の冬将軍は手ごわく、道路はツルツルに、屋根からはツララをせり出させている張本人です。

早く春が来ないかな。

Imgp0971110124

趣向を変えて反対側から撮影です。

Imgp0974110124

店内は暖かいですから啓翁桜も勢いよく花開いています。