土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

漢方相談でカンジダ膣炎改善、その後待望の妊娠!(劉先生にお聞きしたこと、カンジダ養生法など)

こんにちは、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

最近、蒸し暑くなっていますのでカンジダ膣炎の相談が増えています。

癜風(でんぷう)のご相談もあります。

カンジダ膣炎は先日ご相談されたお客様は、昨日のお話では1か月間症状がでなくて生理もスムーズのなって調子が良いそうです。

そのときの私の中医師の先生からお聞きした(劉先生に聞きました)メモ書きです。

カンジダ膣炎の症状があるときには、病院の薬はしっかりと使って漢方と併用すると効果的。

○ご主人様も感染していないかどうか、検査してしていたら薬を使って治していく。

○洗濯物は、主人とは一緒に洗わないで別々に洗濯します。

○とくに下着は洗濯後に熱湯をかけて天日干しがいいそうです。

○主人の靴下などからも感染することがあるそうです。

漢方は、美肌油と玉屏風散の処方が効果的です。

それぞれ粘膜強化、殺菌効果もあります。

美肌油はカプセルをつぶして液体を陰部への外用にも使えるそうです。(黄色っぽい液体です)

痒みがあるときには、スベリヒユを併用します。

外用も可能で1包を白湯(ぬるま湯)に溶かして陰部を洗います。

このカンジダの漢方相談は一例ですが、そのほか季節、年齢、個人差なども関係していて、その都度、ご相談に応じています。

今後とも頑張っていきたいと思います。

病院や西洋医学で治りづらい分野にも力を入れています。

2013年1月11日

このお客様はその後無事にご懐妊、ご出産されました。

カンジダ膣炎の漢方相談から 『赤ちゃんはとてもかわいいですね!』

おめでとうございました!