ブログ版土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの10年間の不妊体験を活かしてお客様の相談にあたっています。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、ぜひご相談ください。また育児の悩み、痛みしびれ、耳鳴りなども。ご予約のうえご来店または電話相談0237470033またはツイッターのDMまたは漢方相談表、子宝相談表のフォームをご利用下さい。

生理中のむくみ。下痢への漢方対策など

おはようございます。

山形は昨日の雨も夕方には上がって、今日は穏やかな天気です。(天気予報によると、午後から曇りになるそうですが)

漢方相談で分からないことがありましたので、恩師のりゅう先生にお聞きしましたのでログしていきます。

1)生理前のむくみについて

○生理1週間前からイライラ、疲れ、のぼせ、むくみ、生理中にもむくみがひどくなる。

りゅう先生のアドバイス

気滞(きたい)があります。

黄体期の後半だったら気虚の人→脾の運化機能が良くない→顔、手足が浮腫む。

健脾剤、補中益気湯のようなもの、子宮の収縮も良くなる。

疏肝には逍遥丸や開気丸。

もし高温期の後半にBBTが下がる↓ 参馬補腎丸が脾腎の陽気を高めるので良い。

2)加○逍遥散について

生理中は体が冷えやすい。下痢によくない。

生理中は清熱の薬はあまり使わない。

体が冷える、長期に服用すると冷える。

生理以外のときに使って、生理中は逍遥丸にする。

体が冷えると陽気が足りなくなるので下痢する。

逍遥丸だったら下痢もOK

六君子湯は温める力がない、温養力が足りない。

下痢には、健脾散や人参湯、補中益気湯

湿熱の下痢だったら熱をとるので茵陳蒿湯など。

Imgp42060519

<2012年5月19日 我が家の庭 カエデです>

Imgp42130519

そして霧島です。