親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

基礎体温が低め、体の中から寒く冷房に弱い

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日はまた分からないこと、漢方の知恵を授けてもらいかったですので恩師の何先生にお聞きしておきました。

ログしていきたいです。

午前中は曇りで午後から晴れてきた山形です。

40歳の女性のかたで 

基礎体温が低い 高温期が36・5度代 低温期も36・1度くらい

○のどの痛くなる

○血圧が上がるときがある

○体の中から冷えてくる感じがある

土屋の質問 「先生に先日教えて頂いた方法、金匱腎気丸の証なのでしょうか?」

何先生 「たしかに先日にお話しましたように通常は50歳以上の方に見られやすい症状です。

早い人は42歳から腎陽虚の症状が現れます。

2つの可能性があって、一つは上記に挙げたような腎気丸を周期療法に使う方法。

もう一つは、気陰両虚の可能性。

体温が低い、舌ベロが赤い。

もし舌ベロが赤くて冷える、体温が低いのであれば気陰両虚証です。

アレルギーと関係してる、免疫と関係している。

それはどの臓器の気陰両虚か、それはおもに脾です。

脾の気陰両虚であればチャガと健脾散がよく効き目があります。

低温期にはチャガと補陰薬など。

もう一つは舌ベロが赤くなくて基礎体温が低い。

更年期に近い状態。

腎気丸を通常の半量くらい3~4粒くらい半分で使っていきます。」

やっぱり中医学の世界は深いです。

Imgp41740514

<2012年5月14日 カエデの新緑がきれいです>

Imgp41710514