土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

ニキビの漢方相談

こんにちは!

頭部の汗…多汗症の漢方相談(2)」に引き続き、本日2回目の更新です。

ちょっと空き時間ができたので手書きでメモした内容をココログにデジタル保存していきます。

後から自分で検索できてさらに勉強ができるという、すごく便利な方法です。

スー先生に引き続き多汗症に続き、再度、ニキビの漢方相談について教えて頂きました。

温○飲は養血清熱で使うことができる。

皮膚が乾燥、赤い皮膚、熱がこもっているとき。

心と肝の熱をとる。

○便秘→気分の病気、血分の可能性も

陽明病腑証(気分の病気)

☆清営顆粒→気分、血分の熱をとる制する。

☆熱毒がひどい人→温○飲を加えることもOK

皮膚の赤みがひどい→清営顆粒

嚢胞、皮膚が盛り上がる→清熱解毒。これには黄連解毒湯や温○飲

☆ジュクジュク→瀉火利湿顆粒

○白花蛇○草→ニキビの毛穴の熱毒をとる。

清熱解毒には、五行草も。

腸の熱を制する。

五涼華→一般の熱毒を幅広く

白花蛇○草→ガンにも

Imgp40910708

<2012年7月8日 こちらのスイーツもさくらんぼが沢山で美味しかったです。黄色いさくらんぼもなかなかいけました。>