親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

高プロラクチン血症19・5で漢方相談、妊娠出産!

12月の当店の良いご報告

 

おはようございます。

 

薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラーの土屋です。

 

昨年の12月のお客様から連絡があった良い報告のレポートです。

 

 

その中でもSさまとの相談が思い出深いです。

 

 

<平成18年8月 初めての漢方相談>

 

Sさま 27歳。結婚して2年。

 

プロラクチン以外の数字は正常とのこと。

 

ストレスホルモンと言われるプロラクチンが高めがお悩みです。

 

クロミッドでタイミング療法。

 

漢方では、お身体に合ったものを2種類をお勧めです。

 

 

 

○1ヵ月後の9月…お肌がきれいになった。

 

体調が良くなって低温期から高温期への上がり方が良くなった様です。

 

中間期の不正出血もあるとのこと。もう一つの漢方お勧め。

 

 

 

 

○10月…通院はお休み

 

気になる症状は、排卵期の不正出血と下腹部痛

 

「活血化淤(かっけつかお)」のような漢方にシフト。

 

漢方は、キナコと一緒にお湯に溶かすと飲みやすいとのことでした。

 

 

 

 

○11月…体も元気になって、結果的に高めだったプロラクチンの値は良かったご様子。

 

19・5→10・3になったそうです。

 

生理もきちんとなってきて、高校生のときに戻った感じ。

 

 

 

 

○12月…排卵痛が無かった。

 

誘発剤にもきちんと反応している様でした。

 

 

 

○翌年平成19年1月…生理痛がなかくなって血塊もなくなった様。

 

体調も良く排卵期の不正出血もなくなったそうです。

 

スッキリと生理が出た。

 

さらに「活血化淤(かっけつかお)」のような漢方を追加。

 

 

 

○その後4月に妊娠。

 

12月に元気な男の子ご出産。

 

今日は、「平成18年度12月の嬉しいお話」でした。

 

 

<土屋薬局の先生の声>

 

 

プロラクチンは別名、ストレスホルモンとも言われています。

 

命を支える視床下部の下にある親指くらいの大きさの脳下垂体からでるホルモンで、プロラクチンは乳汁を促します。

 

脳下垂体は目と目の間にあります。

 

 

2割ぐらいはプロラクチンが高め、高プロラクチン血症で妊娠できないとも言われています。

 

脳下垂体からのホルモンは流れることが大切だと思います。

 

 

中国漢方ではよく「補腎(ほじん)」をしますが、高プロラクチンの場合には「補腎」だけではダメで、精神的な調整やリラックスも大切ではないかと考えています。

 

とくに「理気活血(りきかっけつ)」といって、気持ちの「気」の流れをスムーズにして「血(けつ)」」の巡りを改善するようなことが大切とされています。

 

 

高プロラクチンのかたは焦ったり、緊張したりしますが、すると生理周期は遅れやすくなる様です。

 

リラックスしてやさしい感じになれば、生理周期は戻るのではないでしょうか?

 

 

一般に高プロラクチン血症(高PRL)は、非妊娠状態あるいは哺乳期以外で、胸の張痛や乳汁分泌、生理が遅れ、無月経などの症状がみられることを指します。

 

正常値は15ng/ml以下で、30ngは排卵障害になる恐れがあり、80ngは病院の治療が必要といわれます。

 

 

土屋薬局では二人目不妊や高プロラクチンなどのストレスやイライラ、焦り、緊張、怒りやすい、悩み、ちょっとしたことで主人と口げんかになってしまうなどの気持ちの面の調整を図ったうえで、ご懐妊、ご出産をともに目指しますので、症状でなくてその人の気持ちになったうえで漢方をご紹介しています。

 

プロラクチンなどでお悩みのかたは、遠慮なくお気軽にご相談してください。

 

 

最近ですと、小学校の教員の先生、長年授からなくてお悩みになっていました。

 

プロラクチンとFSHが少し高いとのことでした。

 

そこでご相談のうえ当店の漢方を服用して、プロラクチンのストレスも和らいで3周期目にめでたく妊娠されまして大いに喜ばれました!(^^)

 

養血調経(ようけつちょうけい)と血液サラサラの活血化淤(かっけつかお)、ストレス解消の疏肝理気(そかんりき)というシンプルな処方を全周期の服用でした。

 

 

またちょうどこのコラムを書いているときに来店されたお客様の友達、その方と友達は二人とも土屋薬局の漢方と病院の治療を併用して妊娠、出産されたのですが、「そういえば私の親友、漢方止めていて、再度のんだときに授かったと言ってたっけ」とおっしゃっていました。

 

来店されたお客様は2人目の漢方相談で、先月は体外受精の採卵の途中から漢方スタートで生理痛が全然なくて驚きました!いつもは生理痛がきつかったこと。また今回の採卵数は倍に増えていて11個で良かった!とおっしゃっていました。

 

 

「話をしたらスッキリして良かった」とニコニコしてお帰りになりました。

 

今後ともうまくいって頂きたいです。

 

 

高プロラクチン血症 土屋薬局中国漢方通信

 

不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台

 

 

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

 

 

若木山中腹から若木山公園眺め

 

<2008年1月30日 雪景色。若木山中腹から若木山公園眺め>