土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

卵の状態が良かったので45歳で男の子を出産できました。雪原を駆け、大空へ舞う飛行機

小正月明けの昨日の16日は町の動きも人の動きも緩やかでしたが、漢方相談や処方箋の患者さんも含め、多数、女性のお客様にご利用頂きました。

仙台からお昼にバスでさくらんぼ東根経由で来店されたお客様もいらっしゃいました。

東京中野のご出身なので私も高円寺に1年間住んでいたときには中野の丸井でボーリングをしていましたので毎回、興味深くお話を伺っています。

漢方相談のほうは、20代のときに子宮腺筋症の治療をされたかたが40代で2人目を自然妊娠で昨年に出産されていたことを知りまして、私自身感動したところです。

中医婦人病を極めていきたいです。そのお客様はニキビと月経周期が短い、基礎体温が高めでしたので、知柏壮健丸や二至丹、瀉火利湿顆粒などお勧めしていました。

さて、本日は嬉しいお話のご紹介です。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●   「卵の状態が良かったので45歳で男の子を出産できました」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週は2名の妊娠、1名の方のご出産の連絡がございました。

そのうち1名のかたは45歳でのご出産でした。

「土屋薬局さんに漢方相談で親身にしてもらったので、出産後2週間経ちましたが連絡させて頂きました」

とのことでした。

ご本人様にも掲載許可を頂いてエピソードを書かせて頂いていますが、初めての漢方相談が平成22年10月27日 41歳のときでした。

雑誌オレンジページの「妊娠力を上げる漢方生活」をみて当店に来店されました。

主人は医師で山形の病院に勤務されていて、東京と山形の生活を半々でされているとのこと。

初潮は15歳、月経周期は30日周期、月経期間は5日間

寒がり、尿が近い

ツムラの桂枝茯苓丸も服用していて体外受精を東京でしているので、体調を整えるように漢方薬を希望していきたい。

婦宝当帰膠や参馬補腎丸、杞菊地黄丸、冠元顆粒、水快宝など、その時に応じて漢方薬をお勧めしていました。

婦宝当帰膠は肩こりや疲れに良かったそうです。

体外受精では1個戻してダメだったので、今度は2個目のグレードの悪い卵を戻して結果待ち。

その後は東日本大震災があり、地震でバタバタしていて漢方も2か月間は服用どころではなかった。

舌ベロは暗紫(あんし)で淤血の舌ベロです。

AMHでは卵巣年齢は若かったそうです。

○平成23年11月30日

8月に卵が13個とれた。

6個良質でした。

毎月、1個ずつ戻していきます。

先月から戻し始めました。

自然周期で4日目の卵を戻しました。

○平成24年1月4日

凍結卵子が4個あります。

検査したらプロラクチンが高かったので

高プロラクチンの薬を服用中

漢方薬婦宝当帰膠冠元顆粒などを柱にしていました。

○平成25年11月8日

10月25日に男の子を出産しました。

その後、東京にお帰りになられて連絡も久しぶりだったのですが、今年45歳で出産されて経過もよくて、母子ともども元気とのこと。

また卵子が年齢の割にいい状態だったから妊娠、出産できたそうです。

子宮筋腫が着床を邪魔しているかもしれないとのことで子宮筋腫をとってから卵を戻したら妊娠できました。

東京虎ノ門不妊カウンセリング学会に出席しているときに、携帯電話にお電話を頂いたことなどいろいろと思い出します。

決して忘れられないお客さまでした。

当店からは早速、男の子の青いアルバムをお贈りさせて頂きました。

<Fさまにお贈りするお写真です>

「若木山から眺めた山形空港

Imgp85030110

<2014年1月10日撮影>

若木山を登って雪景色に見とれていたら、ういーんと地鳴りをあげる音が山形空港から鳴り響いてきました。

飛行機の発着です!

Imgp85140110

Imgp85160110

Imgp85170110

Imgp85190110

雪原の山形盆地を大空へ駆ける飛行機

葉山連峰もやさしく見守っているようです。

Fさま、どうもおめでとうございました。

末永くご家族の幸せを祈念申し上げます。

お子様も、将来は大きく羽ばたいて活躍して頂きたいです。