心と体の相談処 土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

産後うつ病の漢方相談…更年期の上の夏と下の冬を楽にして体を春にする

お客様からの相談に答えに窮したので、

恩師の先生が教えてくれましたので、忘れずに書き写しておきます。

産後うつ→気を上昇↑させたほうが良い。

婦宝当帰膠補中益気湯

補陽が大切。

とくに朝に気を↑させる。

少量の海馬補腎丸も効果的。

1回4~5丸くらい。半量以下。

2丸でもOKのときがある。

夜に眠れないとき、若干熱がある。

酸棗仁湯錠を加える。

イスクラのは古典処方に近い。

夜は1回まとめて服用もOK。

それでも頑固な場合には、星火霊芝宝1包を加える場合もある。

星火霊芝宝ですごく良い場合があって、五臓六腑を補い、鎮静的。

9錠分3とか寝る前4錠+天王補心丹

産後うつは、赤ちゃんがいるので睡眠不足になったりする。

睡眠改善が大切。疲れてしまう。

人参と海馬が配合された漢方薬20~30代。

40代には海馬補腎丸や至宝三鞭丸など効果的。

更年期の女性は女性ホルモン↓ 女性ホルモンは体を温める。

女性の更年期にたとえば、二至丹+酸棗仁湯錠+海馬補腎

海馬補腎丸は弱火。

上ののぼせは、二至丹、酸棗仁湯錠。

下の冷えは海馬補腎丸で弱火で温める。

男性の更年期に、婦宝当帰膠を使ったり。

男女逆転の方法がある。

更年期の上の夏は、二至丹、瀉火補腎丸。

ほかに安神の酸棗仁、天王補心丹、帰脾錠で春にする。

更年期の下の冬は、海馬補腎丸、至宝三鞭丸で冬から春にする。

以上です。

目から鱗の内容をメモしました。

Imgp3472

<2009年10月22日 「朝日を浴びるリンゴ」  東根市