土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

中耳炎後、つばをのんだりすると耳の奥がピキピキ鳴る。と夕方の虹

耳の漢方相談を受けました。

最近、耳の漢方相談がどうしたわけか多いのです。

「中耳炎後、つばをのんだりすると耳の奥がピキピキ鳴り、つまり気味。自分の声や物を食べてる音が頭に反射して響く。1週間くらい前から」

恩師の先生にも相談してみて、いろいろと勉強しました。

中耳炎→鼻と耳の間の時間に炎症があった。

肩こり、下痢しやすい、食欲ない→消化機能↓

突発性難聴→急性期のあとの慢性期に移行する

耳管にドロドロの内分泌の液が詰まっている。

漢方では

1)丹参製剤→中耳に耳に効く成分を運んでいく、全般的に良い処方で慢性的な

炎症を抑える

2)残っている炎症に頂調顆粒→開竅成分が配合されていて効き目が良い

3)半夏白朮天麻湯→天麻が頂調顆粒を助ける、胃腸を守る成分も配合されている。

1~2週間、この漢方を併用すると良くなっていく

30代は新陳代謝や血流が良いので治るはず、聴力低下もないので初期だから漢方の効き目がある。

時間との戦いで早く治したほうが良い。

とのことでした。

Imgp19810711

<2011年7月11日 昨日の夕方は空が不思議な色で覆い尽くされ、そして虹も一瞬輝きました。ツイッターでも「山形クラスタ」は、空の色と虹の話題などでもちきりでした。今朝の山形新聞の朝刊でも昨日の夕方の不思議な空がカラー写真で掲載されていました。>