土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

味覚障害の漢方相談

こんにちは、土屋です。

本日2回目の更新です。 

山形はずっと雨が降っております。 

先々週に耳鼻科に強い中医師の先生にお聞きしたことをまとめます。ブログです。

 

 <味覚障害の漢方相談> 

嗅覚と味覚の2つが悪くなったかた、嗅覚は4~5年前に悪くなり、味覚は1年前からにぶくなっている。 

42歳の女性のかたの漢方相談。 

とくに理由はわからない。 

繊細な味が感じられずに、想像で補っている。 

 

トン先生の回答 

味覚は心(しん)と脾(ひ)の関係です。 

心脾顆粒や加味逍遥散、シベリア人参などお勧めです。 

十二指腸潰瘍やストレス、自律神経なども関連します。 

もし嗅覚障害と味覚障害の2つがある場合には、嗅覚障害から治していきます。 

あせらずにゆっくりと漢方を服用していきます。 

味覚→腸の弱さ→加味逍遥散+心脾顆粒(加味帰脾湯も使えることがある) 

食生活、タバコ、お酒、コーヒーも良くない。 

カフェインは女性に合わない。 

もしコーヒー、チョコレート、ココアなど。また辛い物、熱いものなどの取り過ぎ→胃腸に熱がこもる→黄連解毒湯 

亜鉛を取りながら熱をとる、イーパオも良い。 

なでしこと蝶 我が家の庭

 <2011年6月15日 なでしこと蝶 我が家の庭> 

 2012年2月24日追記です。 

味覚障害の漢方相談(2)」もアップしました。